ブラジルのBRFが250万ドルを投じて、イスラエルのAleph Farmsを買収

2021-07-08

Startup

ブラジルの鶏肉・豚肉加工業者であるBRF SAは、イスラエルの新興企業であり、世界トップレベルの養殖肉開発企業であるAleph Farms社に250万ドルを投資しました。この投資は、ブラジル最大の鶏肉加工業者であり、世界最大の鶏肉輸出業者であるBRF社が、製品ポートフォリオの拡大と新市場への進出を目指していることを明確に示しています。Aleph Farms社は、今回の買収で得た資金を、栽培された食肉を世界規模で販売し、ポートフォリオを拡大するために使用する計画です。現在までに、その計画に必要な資金として1億1,800万ドル以上を調達しています。

3月、Aleph FarmsとBRFは、世界最大級の商業用牛群を持ち、牛肉の輸出国でもあるブラジルに培養肉を導入する契約を締結しました。この契約では、Aleph Farms社とBRF社が、イスラエル企業の技術を用いて細胞培養肉を共同開発し、生産することとなっています。培養肉とは、動物の細胞を使って体外で生産するものです。この方法は、水の使用量が少ないこともあり、持続可能な方法と考えられています。

BRFの最高経営責任者である Lorival Luz氏は5月、培養肉は2023年か2024年には商業化されるだろうと述べました。BRF社は、Aleph Farms社の第2回国際投資ラウンドに参加した唯一のブラジルの食品企業であり、イスラエルの企業がこのラウンドで合計1億500万ドルを調達したと付け加えました。BRFによると、Aleph Farmsの第2回投資ラウンドは、消費者に特化した世界最大のプライベート・エクイティ企業であるL Catterton's Growth Fundと、中東最大のベンチャーキャピタル・プラットフォームの1つであるDisruptADが主導しました。

Tags: FoodTech | Israel