在イスラエルUAE大使館が世界初のビジネス・イノベーションフォーラムを開催

2021-11-25

General

アラブ首長国連邦(UAE)の在イスラエル大使館は、イスラエルのテクノロジーとイノベーションに関する初のビジネス会議をJaffaで開催し、政府関係者やビジネスリーダー、起業家らが集まり、両国のビジネス関係の促進について議論しました。このイベントは、イスラエルの技術エコシステムを詳細に調査している非営利団体「Start-Up Nation Central」とイスラエル経済省の共催で行われました。このサミットには、アラブ首長国連邦のAhmed Belhoul Al Falasi起業・中小企業担当国務大臣とThani Al Zeyoudi外国貿易担当国務大臣を団長とする国費によるビジネス代表団のメンバーをはじめ、約200名が参加しました。このビジネスフォーラムは、今年初めに Mohamed Al Khaja駐イスラエルUAE大使が、両国間のイノベーションや起業に関する協力関係を促進するために始めたものです。

 

Al Khajaは開催されたイベントで、次のように述べています。「この地域の人々として、自分たちの社会と経済を発展させるためには、この部屋にいるすべての関係者と私たちのカウンターパートが、この関係に寄り添う方法を見つけ、扉を開き、お互いの社会と経済のそれぞれの強みを正しくナビゲートし、融合させるために協力することが不可欠ですダイナミックな首長国市場の言語、文化、グローバルなつながりを活用し、UAEの多様な人材プールとグローバルなビジネスセンスを活用することを目指すイスラエルのスタートアップ、企業、ジョイントベンチャーを受け入れることを誇りに思い、興奮しています」

 

UAEのAl Falasi起業家・中小企業担当大臣は次のように述べています。「どこを見ても、中小企業、スタートアップ、観光に関して、我々の強みと課題の両方が一致しているのがわかります。私たちが協力して、それぞれのビジネスをUAEからイスラエルへ、あるいはその逆へと展開できる方法はたくさんあります」

 

このイベントには、イスラエルのYoel Razvozov観光大臣、イスラエル経済省のRon Malka局長、イスラエルの食品会社Strauss GroupのOfra Strauss会長、米国の投資会社Blackstoneの新しいイスラエルオフィスのYifat Oron専務取締役、イスラエル・イノベーション・オーソリティのNili Shalev国際部門の副社長などが出席しました。

 

イスラエルのOrna Barbivai経済産業大臣は、UAE代表団が今週イスラエルに到着したことについて、「訪問する首長国の産業界やビジネスリーダーに、イスラエルの豊富なイノベーション、テクノロジー、起業家精神、研究を紹介することができます。この会議は、両国の経済関係の確立を意味し、イスラエルは、経済成長を助ける可能性を認識しながら、首長族とのビジネスコネクションとパートナーシップを強化していきます」と述べました。

 

イスラエルとUAE、続いてバーレーン、モロッコとの関係を正常化させた米国主導の歴史的な合意であるアブラハム合意から1年以上が経過した今、今回のフォーラムは開催されました。イスラエルはUAEと長い間、商業および安全保障上の静かな関係を維持してきましたが、今回の正常化合意は、観光やエネルギーに加えて、世界的なビジネスおよび海運のハブであるドバイへのアクセスが増加するという、経済的な恩恵をもたらす可能性があると考えられていました。9月に開催された記念イベントで、首長国の Abdulla bin Touq Al-Marri経済大臣は、イスラエルとの経済活動が今後10年間で1兆ドル以上に達する可能性があると述べました。

 

イスラエルのIlan Sztulman Starosta在ドバイ総領事は、アブラハム合意が締結されて以来、イスラエルとUAEの間の貿易は約7億ドルに達したと述べました。両国は、食料、農業、医療、航空、水、エネルギーなどの分野で二国間協定を結んでいます。

 

Tags: Israel