1号ファンドは昨今注目を浴びているテクノロジー国家のイスラエル市場にフォーカス

INVESTMENT

なぜイスラエルなのか?

  • 人口約850万人に対して1万社超のスタートアップが存在。国民1人当たりのスタートアップの数では世界一。
  • 強い軍事産業を支えるテクノロジーをビジネスに活用し、スタートアップの起業を国家としても推奨。
  • 高度な学校教育と兵役中の育成プログラムにより、国民1人当たりのエンジニアの数でも世界一。
  • 各国大手事業会社による投資、M&A、R&D拠点開設が活発化。現在テクノロジー分野では世界が注目する市場。
  • 人口知能、自動運転、IoT/センサー、サイバーセキュリティ等、将来の世界経済を牽引する各種テクノロジースタートアップが数多く存在。