イスラエルのドローン技術企業Airoboticsが万博開催中のドバイの安全確保に協力

2021-07-18

Startup Portfolio

イスラエルのドローン技術企業であるAirobotics社は、ドバイ警察が住民や観光客にとってより安全な場所となるよう支援する契約を結びました。ドバイの統治者であるMohammed bin Rashid Al Maktoum氏は、ドバイ警察の業務効率の向上と緊急対応時間の短縮を支援するため、アイロボティクス社製の無人航空機システム「Drone Box」を導入することを発表しました。

 

ドバイ警察本部を訪問した際に、ドバイ全土にドローンを派遣し、犯罪や交通に関する通報への対応時間を4.4分から1分に短縮するためのプラットフォーム「Drone Box」を発表しました。新しいドローンシステムは、10月に予定されている「Expo 2020 Dubai」の期間中に正式に開始され、半年間の開催が予定されています。この会議は、地域で開催される初めての万博であり、国家、多国籍機関、企業、教育機関など200人以上の参加者が見込まれています。1台のドローンがカバーする範囲は約19平方マイルで、このプロジェクトでは都市全体をカバーする予定です。

 

イスラエルのOurCrowd社のCEOであり、Airobotics社に投資しているJon Medved氏は、次のように述べています。「今年のドバイ万博に参加する予定の数多くの政府関係者や国家元首を含む何百万人もの観光客が、Airobotics社のシステムの恩恵を受けられることを誇りに思っています。ドバイは、世界中の何万もの都市で適用可能なDrone Boxの機能を実証するための最高の舞台です。」

 

今回の契約は、アラブ首長国連邦がイスラエルに大使館を開設し、二国間の貿易と投資の機会を促進することを目的としています。イスラエルは米国の支援を受け、アブラハム合意に基づき、2020年にUAEおよびバーレーンとの関係を正常化しました。Airobotics社は、この取引に続いて、エミレーツでのパートナーシップのために選ばれた最初の企業のひとつです。同社は、最終的には米国当局と提携して同地に展開する計画を持っており、米国連邦航空局から「Beyond Visual Line Of Sight」の永続的な許可を得るために入札を行っています。また、Airobotics社は昨年、シンガポール警察と契約し、コロナウイルス危機の際に社会的距離を置く制限を行うためにドローンを使用することにも合意しています。

 

2014年に設立されたAirobotics社は、写真、ビデオ、その他の空中データを収集し、火災などの脅威やその他の緊急事態をリアルタイムに可視化するためのパイロットレス・ドローン・ソリューションを開発しました。

 

Tags: IoT | Israel

話をする

Airobotics に興味がありますか?彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

関連ニュース