EverC社が、危険品・偽造品・不正商品から電子商取引市場と消費者を守るMarketViewを発表

2021-09-16

Startup Portfolio

EverCは、オンライン上の何十億もの出品物の中から危険な出品物や不正な出品物を特定し、排除することが非常に重要であると考え、MarketViewテクノロジー・プラットフォームを発表しました。MarketViewは、世界最大級のマーケットプレイスでの試験運用に成功し、現在は他の何百ものマーケットプレイスや管理されたeコマースプラットフォームで利用可能です。

 

eMarketer社によると、Eコマース業界は2022年までに5.4兆ドルの市場に成長すると言われていますが、それに伴い犯罪行為も急激に増加しています。Fast Company社のレポートによると、犯罪者たちは、eコマース市場を利用して、約1兆ドル相当の危険な偽造品や不正商品を世界経済に氾濫させています。これらの製品は、偽物であるだけでなく、多くの場合、非常に危険なものです。例えば、ノートパソコンのリチウムイオン電池の偽造品が燃えたり、自己発火して爆発したり、化粧品の偽造品が皮膚に深刻な反応を引き起こし、後遺症が残ったり、時には死傷者が出たりしています。その結果、規制当局は高額な罰金を科したり、新たな規制措置を講じたりして対策を講じていますが、一方でマーケットプレイス自体は消費者の信頼を失い、最終的にはブランドにダメージを与えるような大規模な報道がなされたり、収益や決済処理業者との関係、広告パートナーシップを失ったりしています。

 

MarketViewの責任者であり、EverCの創業者でもあるNoam Rabinovich氏は次のように述べています。「犯罪者は優れたアーリーアダプターであり、違法な商品をオンラインで販売するための新しくて有益な方法を常に見つけています。我々は、知的財産権侵害、商標、地域や国の法律など、マーケットプレイスやeコマースの規制を専門とする業界専門家で構成されるMarketViewチームを率いています。電子商取引のマーケットプレイスは今、存亡の危機に直面しており、詐欺問題の規模の大きさは、今日のアプローチでは手に負えません。EverCは、隠れた不正を含む出品者やマーチャントのデータを分析する一元化された情報源となり、問題が発生する前に犯罪行為を暴き、消費者とマーケットプレイスを潜在的な被害から守ります。」

 

MarketViewは、人工知能と機械学習を活用して大規模に不正商品に光を当て、テキスト、画像、メタデータを分析することで、マーケットプレイス、ひいては消費者を不正行為や偽造品から守ります。この技術は、1日に何百万もの製品を調査し、不正な製品やリコール製品を数分以内に削除することで、企業ブランドと消費者の信頼を守ります。MarketViewは、違法な製品のリストを特定するだけでなく、マーケットプレイスが、微妙に異なる地域固有の規制を持つ販売者からの新たな成長機会を活用することを可能にします。

 

EverCについて
EverCは、リスク管理とサイバーインテリジェンスのパイオニアであり、高度な人工知能、機械学習、独自のウェブクローラーを活用して、ウェブの暗部を照らすデータを推定・分析しています。同社は、世界最大のデータソースであるインターネットに対して、比類のない可視性を提供しています。EverCは、ビジネス・リスクを監視、分類、評価するという顧客のニーズをサポートする2つの異なるソリューションを提供しています。MerchantViewは、金融機関、銀行、決済会社がオンライン取引のロンダリング問題に対処するための支援を行い、MarketViewは、最大級のオンラインeコマースマーケットプレイスが違法な商品や偽造品の出品を特定するための支援を行っています。

Tags: Cyber Security | Israel | AI

話をする

EverC に興味がありますか?彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

関連ニュース