JumpCloudが、クラウドディレクトリツールで1億5900万ドル資金調達

2021-09-16

Startup Portfolio

JumpCloud社は、クラウド上の企業ディレクトリの概念を近代化する後発の新興企業であり、1億5900万ドルのシリーズF投資を発表しました。Sapphire Venturesがこのラウンドをリードし、Owl Rock、Whale Rock Capital、Sands Capital、Endeavor Catalystなどの新規投資家に加え、General Atlantic、BlackRock、H.I.G. Growth Partnersなどの既存投資家が参加しました。同社はこれまでに約3億5600万ドルを調達しており、最近の2回のラウンドでは2億5900万ドルを調達しています。

 

JumpCloudのCEOであるRajat Bhargava氏は、次のように述べています。「ディレクトリ構造はIT組織の中心であり、特にアイデンティティに関連して、モバイルデバイス管理、シングルサインオン、多要素認証、特権アクセス管理、アイデンティティガバナンスなどが含まれる」という信念に基づいて、投資家の関心を集めています。これらのアプローチがすべてディレクトリ構造に集約されると考えています。私たちは、これらがすべて1つのコア・ディレクトリ・プラットフォームの一部であると考えています。つまり、ディレクトリを全体的かつ広範に考えると、ユーザーとそのアイデンティティを安全かつスムーズに、アクセスが必要なものに結びつけることができるのです。そのために、中小企業や中堅企業を対象に、これらの複雑なシステムの管理を簡素化するクラウド製品を提供しています。

 

Sapphire VenturesのリードインベスターであるJai Das氏は、JumpCloudや他の企業がその穴を埋めようとする前は、この部分の市場はその複雑さのためにディレクトリサービスから取り残されていたと考えています。「大企業は、これらの問題を解決するために、さまざまなディレクトリやセキュリティソリューションを導入してきましたが、技術的な支出やITサポートチームへの多額の投資が必要でした。中小企業には、大企業のモデルを再現するような大きな予算やスタッフはいません。大企業が必要とするすべての機能を備え、さらに使いやすく、導入しやすく、そして非常に高価ではない製品を開発する必要があるため、この市場向けの開発は非常に困難です。」

 

同社は収益指標を明らかにしていませんが、Bhargava氏は、前回11月に話を聞いてから2,000社の顧客を追加し、合計5,000社になったと述べ、昨年11月に300人だった従業員数を年末までに2倍にしたいと語りました。彼はまた、多様性のある会社づくりを進めていると語り、その方法のひとつとして、すべての採用担当者に、歴史的に表舞台に立つことのなかった候補者と面接したかどうかを尋ねることを挙げました。

 

「この質問をするという単純な行為が、組織の中で大きな違いを生むのです。私たちはすべての採用担当者に、多様な候補者と面接することを奨励していますが、それに加えて、オファーが出ようとしているときや、面接のプロセスにあるときには、『多様な候補者と話しましたか』と尋ねています。そして、もしそうでなければ、採用を決定する前にそのような人たちを探しに行ってもらうことになります」とBhargava氏は、述べています。また、次のように述べています。「当社はM&Aに注力し、意味のあるところでは、さまざまなコンポーネントやチームを当社のビジネスに統合していきます。労働市場が逼迫していることから、プラットフォームに機能を追加するだけでなく、エンジニアリングを追加することも考えられます。」

 

Tags: Cyber Security | Israel

話をする

JumpCloud に興味がありますか?彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

関連ニュース