1. Home
  2. News
  3. FDAの認可を受けた初の臨床用無線式家庭用睡眠検査装置を開発する"Wesper"がSeries Aで$9.6Mを調達
2022/11/28

Startup Portfolio

FDAの認可を受けた初の臨床用無線式家庭用睡眠検査装置を開発する"Wesper"がSeries Aで$9.6Mを調達

Wesperは、Spark Capital, Valor Equity Partners, Breyer Capitalのほか大手医療技術企業のエンジェル投資家が参加したSeries Aで$9.6Mを調達した。

米国食品医薬品局(FDA)の認可を受けた初の臨床用無線式家庭用睡眠検査装置であるWesperの無線生体センサーとアルゴリズムは、専門家によるサービスと、治療前、治療中、治療後の継続的な測定による家庭での医療診断を可能にします。Wesperを使えば、ユーザーは自宅にいながらにして、睡眠の専門家や医師によるカスタマイズされた専門的なガイダンスにアクセスすることができます。

「Wesperは、生体情報への優れたアクセスと患者体験の重視を通じて、睡眠業界に革命をもたらす最前線にあり、睡眠問題に苦しむすべての患者がふさわしい治療を受けられるように取り組んでいます」と、Wesperの創業者兼CEOは述べています。

今回の資金調達により、Wesperは睡眠センター、歯科医院、コーチとのパートナーシップを構築し、全米の患者にWesperを提供する予定です。HSAT(在宅睡眠時無呼吸症候群検査)の支援に関するFDAの認可により、クリニックはWesperの優れたアルゴリズム、生体データ、比類のない患者体験を利用して、より多くの患者を支援できるようになります。

同社は、主要な医療機関と提携し、睡眠クリニック分野でのプレゼンスを拡大する予定です。これには、医療アドバイザーネットワークの拡大や、病院、睡眠研究所、保険会社などの主要企業との戦略的パートナーシップの締結が含まれます。
 

TagsHealthcare

関連ニュース

Search

Wesper に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください