1. Home
  2. News
  3. 暗号資産のための初の自動リスク管理プラットフォームを開発する"Chaos Labs"がSeedで$20Mを調達
2023/02/22

Startup Portfolio

暗号資産のための初の自動リスク管理プラットフォームを開発する"Chaos Labs"がSeedで$20Mを調達

Chaos Labsは、GalaxyとPayPal Venturesがリードし、General Catalyst, Coinbase、Uniswap、Lightspeed、Bessemer、Hashkey、そしてトップエンジェル投資家が参加したSeedで$20Mを調達した。

2021年10月に設立されたChaos Labsは、暗号資産のための初の自動リスク管理プラットフォームで、堅牢なエージェントおよびシナリオベースのシミュレーションなど、クラス最高のセキュリティ・プラクティスで運用されています。その目標は、悪意のある行為者や国家がオンチェーンプロトコルの脆弱性を悪用するにつれて重要性を増している、経済システムの悪用や不十分なリスクパラメータからDeFiプロトコルを保護することです。The Blockによると、2022年にDeFiエクスプロイトによって失われた資金総額は20億5000万ドルに達し、前年比48%増となりました。

Chaos Labsのリスクおよびセキュリティ製品群は、予防策と監視ツールによって、あらゆる構造のDeFiプロトコルを悪意のある攻撃から保護できるように設計されています。また、プロトコルに特化したシミュレーションモデルにより、様々なパラメータ設定がプロトコルの資本効率とリスクに与える影響を理解することができます。Chaos Labsの最先端のシナリオシミュレーションエンジンは、特定の攻撃戦略を再現し、その適用性と収益性をテストして発見し、それに応じて実施すべきリスク緩和策を提案します。

Chaos Labsは、設立1年目にして、Aave、Chainlink、Uniswap、BENQI、Osmosisなどの主要な分散型金融(DeFi)顧客と提携し、操作やブラックスワン市場イベントに対するプロトコルの保護と最適化、および資本の最適化の提案を行いました。

Aaveコミュニティは、Chaos LabsがAave V3のリスク最適化と緩和を強化するためのプロトコルに関与することを承認しました。Chaos Labsは、Aaveに世界で初めて公開されたリスクパラメータ推奨ツールを提供し、リスク関連の意思決定についてコミュニティの関心を集め、教育しました。Chaos Labsはまた、健康および清算リスク分析ダッシュボードの開発でAaveの助成金を獲得しました。コミュニティは、Aave V2市場へのリスク分析・管理を大幅に拡大し、V2からV3への移行を合理化するためにChaos Labsに投票しました。

さらに、Chaos LabsはdYdXと協力し、新しい資産の追加をサポートする資産リストポータルを作成しました。また、Hathor Nodesと共同で新しいインセンティブ最適化モデルおよびツールを構築するため、Osmosis Grants Programから助成金を受け取りました。このコラボレーションに続き、Chaos Labsはインセンティブプログラムの最適化に関する2つの一般向けダッシュボードをリリースしました。

暗号資産の成功はオンチェーンのリスク管理と軽減にかかっており、Chaos Labsは業界が必要とするタイプのソフトウェアソリューションなのです。今回の資金調達ラウンドのリードインベスターであるGalaxy VenturesとPayPal Venturesは、より多くの資産がオンチェーンで移動する中、Chaos Labsがプロトコル安全性のための標準的手法を構築する上で重要な役割を果たすと確信しています。

Chaos LabsのCEO兼創設者は「Chaos Labsでは、すべてのDeFiプロトコルは、その経済システムがハッカーや予期せぬ変動に対して安全であることを確認し検証するための強固なリスクテストを定期的に実施しなければならないと信じています。私たちは、セキュリティとインフラの専門エンジニアのチームを作り、何百万もの経済シナリオをオンチェーンで実行するシミュレーションにおいて、世界クラスのセキュリティとリスクの実践をもたらすことによって、これを解決するために取り組んでいます。」と述べています。

 

TagsCrypto CurrencyBlockchainIsrael

関連ニュース

Search

Chaos Labs に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください