1. Home
  2. News
  3. Materne North Americaが、予測的調達プラットフォームのArkestroとのパッケージングで大幅な節約を実現
2024/01/17

Startup Portfolio

Materne North Americaが、予測的調達プラットフォームのArkestroとのパッケージングで大幅な節約を実現

Materne North America(GoGo squeeZとしても知られている)は、「ポーチ入りアップルソース」の世界的リーダーです。毎年二桁の成長を遂げる企業として、Materneには2つの目標がありました。一つ目は、あらゆるサイズのカートンにおけるパッケージングのコストを削減すること、二つ目は、ビジネスの成長に伴いカートンサプライヤーネットワークを拡大することです。Materneは、Predictive Procurement Orchestration(PPO)のリーダーであるArkestroに依頼しました。その結果、Materneはパッケージングコストを単一イベントで100万ドル削減し、さらに2つのサプライヤーを発見して追加することに成功しました。これにより、以前にはなかった全てのカートンサイズに対するバックアップを確保し、安心を得ることができました。Arkestroはまた、正しいアイテムSKUを自動的に含む提案を通じて、Materneのデータ品質の改善を支援しています。これにより、調達チームはオファーに関連するデータのクリーニングに何日も費やす必要がなくなります。「Materneは次の5年間でサイズを2倍にすることを目指しています。この成長を最大限に活用するためには、コスト競争力を高める機会を活用し、サプライヤーベースの回復力を確保する必要があります。将来的には、より多くの支出カテゴリーでArkestroのPPOを使用し、対象となる全体的な支出を増やす計画です。」と、Materneの調達担当副社長であるMathieu Pappalardoは述べています。

PPOは企業の調達プロセスを強化するツールとして機能します。AIモデルは市場データや企業のサプライヤーとの歴史的な購買データを分析し、受諾パラメータを提案します。このアプローチは、「アンカリング効果」(つまり、交渉における最初の提案が両当事者の期待を固定し、最終的に合意された価格がそれから大きく逸脱しないこと)を通じて、Materneのような調達チームの交渉力を高めます。

PPOはゲーム理論の要素を活用し、サプライヤーが潜在的な競合他社に対してオファーを改善するように促し、動的なフィードバックを通じて信頼と透明性を構築します。これにより、伝統的に調達の最も時間がかかる部分である交渉プロセスが非常に迅速に進行します。迅速に動くことで、Materneのような調達チームはより頻繁により多くのサプライヤーの「先頭」に立つことができ、より少ない人員でより多くのことを成し遂げることができます。

「Materneは地平線上で楽しみにしていることがたくさんあり、その旅路に同行できることを非常に嬉しく思っています。データのクリーンアップ努力をサポートすることや、イベント節約を増やすことによって、調達チームを会社の成長、収益性、ビジネス継続性に不可欠なレバーとして確立するお手伝いをすることが私たちの優先事項です」と、Arkestroのカスタマーサクセス担当副社長であるChris Prallは述べています。

 

Arkestroについて
2017年に設立されたArkestroは、行動科学、ゲーム理論、機械学習の力を活用して、企業が全ての対象支出にわたって、より速く最善の購入決定を下すのを助けるPredictive Procurement Orchestration(PPO)を提供しています。トップ企業はArkestroを利用して、直接的なアクションと明確な推奨事項で、人員を増やさずにスケールで支出を管理し、調達サイクルを自信を持って最適化しています。

 

TagsRetailTechUnited States

関連ニュース

Search

Arkestro に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください