1. Home
  2. News
  3. サイバーセキュリティSafeBase ソフトウェア・セキュリティ・レビューの自動化にAIを活用
2024/05/01

Startup Portfolio

サイバーセキュリティSafeBase ソフトウェア・セキュリティ・レビューの自動化にAIを活用

起業家のAl YangとAdar Arnonは、ハーバード・ビジネス・スクールで出会い、すぐにサイバーセキュリティへの共通の関心があることに気づきました。ArnonはTechCrunchに対し「私たちは、セキュリティプロセスの改善を必要とする前例のないビジネス環境の進化を目の当たりにしてきました。セキュリティの重要性は指数関数的に高まっており...テクノロジー購入者にとって交渉の余地はありません」と語っています。

YangとArnonはこの関心をさらに発展させることを決め、パンデミック中にY Combinatorのアクセラレータープログラムに受け入れられたSafeBaseを立ち上げました。SafeBaseは、Touring CapitalがリードするシリーズBで3,300万ドルの資金調達を発表しました。同社は、新しいソフトウェアを購入する前に組織が通常実施するセキュリティ質問票のレビューをサポートしています。これはガバナンスとコンプライアンスの問題です。

セキュリティ質問票は、複雑なソフトウェアの場合、チームが完了するのに数週間から数か月を要する骨の折れる作業となります。しかし、Arnonは自動化とAIを通じてSafeBaseが時間を節約できると主張しています。SafeBaseは「セキュリティ文書のユースケースに特化して訓練された」AIモデルを採用し、セキュリティ情報と質問を読み解いて、自動的にセキュリティ質問票に回答します。「当社のプラットフォームは、セキュリティ、ガバナンス、リスク、コンプライアンス、収益チームを支援することで、面倒なセキュリティレビュープロセスの負担を軽減します」と述べています。

AIに対する私の懐疑的な姿勢から、Arnonにこれらのモデルの正確性を尋ねました。AIは有名な嘘つきですからね。彼は「大規模と小規模の言語モデルを組み合わせることで、より広範な回答をカバーできる」と主張し、優位性を強調しました。

カスタムモデルに加え、SafeBaseは企業が「ルールベースの動作」を顧客アクセスに割り当てできるエンジンと、企業のセキュリティ姿勢に関する洞察と分析を示すダッシュボードを提供しています。

セキュリティ質問票とレビューの自動化ツールを提供するベンダーはSafeBase以外にもあります。競合には、最近1,250万ドルを調達したConveyorや、Kintent、Quiltなどがあり、Quiltはセキュリティレビューに加えてデューデリジェンスレビューも自動化できると主張しています。

しかしArnonは心配そうな様子はありませんでした。おそらくPalantir、LinkedIn、Asana、Instacartなど700社を超える顧客基盤があるためでしょう。「SafeBaseは過去数年で大きな成長を遂げました」とArnonは言います。「顧客は製品を気に入っており、採用は加速し続けています。高トラフィックの顧客がますます多くトラストセンターを立ち上げ、数万件の手作業によるセキュリティレビューの必要性がなくなるため、ベンダーネットワーク全体での同社の認知度が高まっています。」

サンフランシスコに拠点を置くSafeBaseには55人の従業員がいます。シリーズBラウンドには、戦略的投資家のZoom Ventures(Zoomの企業ベンチャー部門)、NEA、Y Combinator、Comcast Ventures、Cerca Partnersのほか、元Salesforce最高信頼責任者のJim Alkoveなどの個人投資家も参加しました。これでSafeBaseの総調達額は5,000万ドルを超え、Arnonによると相当部分がチーム拡大に充てられるとのことです。

 

TagsCyber SecurityUnited States

関連ニュース

Search

SafeBase に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください