1. Home
  2. News
  3. 水中翼船Candela C-8が、ドイツデザイン賞を受賞
2024/06/04

Startup Portfolio

水中翼船Candela C-8が、ドイツデザイン賞を受賞

Candela C-8のハルは、効率性を追求した「ミニマリスティックなノルディックデザイン」を目指して設計されました。水上翼船は波の上を飛行することで水の抵抗を低減し、ハルの滑らかな丸みを帯びた船首と尖った船尾は空気抵抗を最小限に抑えます。先進的なコンピューター解析を活用し、フラッシュ折りたたみ式クリートや適切な角度のフロントガラスなど、細部にまでこだわり、美しさと空力効率の両立を図っています。

Candela社のプロダクトヘッド、Niklas Nordin氏は次のように述べています。「ボーティング体験を再定義する当社の取り組みが、ドイツデザイン評議会から評価されたことを光栄に思います。C-8は機能的デザインの賜物で、ミニマリストな美しさは軽量化と空力性能の要求から生まれました。C-8の効率性こそが、真に持続可能なボートを実現する鍵です。グライダーの滑らかで優雅なラインのように、できる限り"滑らか"になるよう設計されています。」

水上翼船システム、軽量カーボンファイバー複合素材の船体、高エネルギー密度のPolestarバッテリーと相まって、Candela C-8は世界で最も省エネルギーな電動ボートの一つとなり、最長の航続距離を実現しています。水上を飛行することで、従来の動力船に比べ80%もの省エネを達成し、バッテリー駆動での長距離航行が可能です。最高時速27ノット、時速22ノットで50海里以上の航続距離を誇るC-8は、性能面で化石燃料ボートに匹敵する初の電動ボートです。

一度水上翼に乗り上げると、C-8は時速16ノットで「離陸」し、乗客は静かで快適な航行を体験できます。その間、ボートのフライトコントローラーが波を検知し、水上翼の攻角を秒間100回調整することで、乗客が船体の動きを感じることなく快適に航行できるよう、船酔いのリスクを排除しています。

他の特徴的な機能として、Candela独自の直接駆動型電動モーターC-PODがあります。このフルサブマージド型モーターは、トランスミッション損失のない静かな航行を実現し、メンテナンスフリーで3,000時間の長寿命化を図っています。ガソリンアウトボードの10倍の耐久性です。

Nordin氏は次のように続けます。「C-8の設計では、ボーティング体験をゼロから見直しました。動力船に付随するマイナス面を排除しつつ、プラス面を残せないだろうか? C-8なら、旅行に必要な速度と航続距離を確保しながら、公害、騒音、高額な燃料代、荒れ狂う船体の動き、内燃機関のメンテナンス費用は不要です。私にとって最も驚くべき機能は静粛性です。時速20ノットで波の上を飛行しながら、後部ソファの乗客と普通の声の大きさで会話できるなんて、従来の船では考えられません。」

Candela社は最近、スウェーデン・ストックホルムの工場で製造された40号機のCandela C-8を出荷する節目を迎えました。

TagsTechnology

関連ニュース

Search

Candela に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください