1. Home
  2. News
  3. FinTech投資運用と管理のFundGuardが、包括的なデータ統合による投資会計のユーザー体験強化に向けICEと戦略的提携を発表
2024/06/05

Startup Portfolio

FinTech投資運用と管理のFundGuardが、包括的なデータ統合による投資会計のユーザー体験強化に向けICEと戦略的提携を発表

クラウドネイティブのAI駆動型マルチアセット・マルチブック投資会計ユーティリティであるFundGuardは、世界の取引所・クリアリングハウス運営会社であり、データ・リスティングサービスプロバイダーのIntercontinental Exchange(NYSE:ICE)のデータサービス事業部門との戦略的提携を発表しました。この提携により、アセットマネージャー、アセットオーナー、ファンド管理会社は、FundGuardのIBOR、ABOR、NAV Contingencyなどの投資会計ソリューションを通じて、ICEの主要な価格データと参照データに統合されたアクセスが可能になります。


FundGuardのCEOであり共同創業者のLior Yogevは次のように述べています。「今日の近代的な投資運用業務では、マルチアセット・マルチブックの会計機能を備え、動的な価格データをサポートする新時代のクラウドネイティブ技術が必要不可欠です。ICEの価格データと参照データをFundGuardの最新の投資会計プラットフォームに統合することで、お客様はデータ品質の向上、優れた分析力、迅速なスケーラビリティを享受できるようになり、所有コスト全体を削減し、オペレーションの障壁を取り除くことができます。」

金融サービス企業は現在、コストとフィー圧力、変化する規制環境、市場競争の激化、旧式ソフトウェアの制約など、複雑な課題に直面しています。ICEとFundGuardのこの提携により、最先端のテクノロジーと適時の高品質データにアクセスできるようになり、組織はこれらの課題を効果的に管理し、必要に応じてスケーリングできるようになります。


ICEの債券・データサービス部門COOであるMark Heckertは、「FundGuardとのこの提携は、お互いのクライアントに高い価値を提供し、俊敏なテクノロジーと高品質データを活用できるようになります。この提携は、イノベーションと業界課題の解決へのコミットメントを裏付けるものであり、クライアントがファンド会計ワークフロー全体でオペレーション上の要件を管理するために必要なツールを確実に提供します」と述べています。この統合には、ICEの取引所価格、評価額、参照データ、企業行為が含まれます。


FundGuardについて
FundGuardは、投資運用と管理のためのクラウドネイティブSaaSプラットフォームで、AIで強化されています。FundGuardは、アセットマネージャーとそのサービスプロバイダーが、ミューチュアルファンド、ETF、ヘッジファンド、保険商品、年金基金を管理できるよう支援し、デジタルトランスフォーメーション、オペレーション自動化、AIベースのインサイト、レジリエンス、クラウド移行を実現します。FundGuardは、CitiやState Streetなどの戦略的パートナー、Blumberg Capital、Key1 Capital、LionBird Ventures、Team8などの投資企業からバックアップされています。

 

TagsFinTechIsrael

関連ニュース

Search

FundGuard に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください