Kenco Logistics社がPhantom Auto社と提携し、遠隔操作可能なフォークリフトの導入を開始

2021-07-12

Startup Portfolio

Kenco Logistics社は、Phantom Auto社の遠隔操作式フォークリフトを導入すると発表しました。Kenco Logisticsは、Phantom Auto社の遠隔操作式フォークリフトを顧客にサービスとして提供する北米初の3PL企業となります。Kenco Logisticsは、まずKenco Logistics・イノベーション・ラボのパイロットプログラムでこの技術を展開し、Kenco Logisticsのサプライチェーン・ソリューションの専門家が、顧客がどのようにして労働力へのアクセス性を高め、労働力を最大限に活用し、職場の安全性を向上させ、より大きなコスト削減を実現できるかを明らかにしていきます。

Phantom社は、あらゆる種類の車両の遠隔操作のリーダーであり、相互運用可能なソフトウェアにより、フォークリフト、タガー、ロボット、トラックなどを、数千マイル離れた場所にいる訓練を受けたオペレーターが遠隔操作することができます。リアルタイムのビデオとオーディオ入力を活用して、マテリアルハンドリング機器(MHE)を遠隔地のオペレーターが安全かつ巧みに操作することができます。視認性が向上することで、職場での安全事故の発生率が低下し、倉庫全体の安全性が向上するとともに、労災保険料の削減にもつながります。

Kenco Logisticsのイノベーション・研究開発担当副社長のKristi Montgomery氏は、次のように述べています。「Kencoイノベーション・ラボは、新技術の実験場です。ファントムオート社の遠隔操作フォークリフトソリューションは、我々やお客様の倉庫内労働力に対する考え方を変えるだけでなく、昨今の設備不足の中で新技術への投資を促進するための刺激的な機会を提供してくれます」

倉庫経営者の60%が、労働力の確保と生産性を最重要課題として挙げており、業界全体で深刻な労働力不足が続いていることがわかります。人手不足に悩む企業にとって、Phantom Autoのソリューションは、採用における地理的な制約を取り除きます。Phantom Autoの顧客は、倉庫の通勤圏内に住んでいる人だけでなく、雇用機会が限られている地方を含め、どこでも人を雇うことができる。さらにコスト削減のためには、ソフトウェアを利用して労働力を共有し、遠隔地のMHEオペレーターが1日のうちに複数の倉庫で働くことができます。また、Phantom Autoを利用することで、他の方法では運転手として採用されないような、移動に問題のある人を雇用することができ、従業員の多様性を高めることができます。また、デジタルネイティブや若い世代にとっても、遠隔操作のMHEは魅力的なキャリアパスであることがわかっています。

ファントムオートの共同創業者兼CEOであるShai Magzimof氏は、次のように述べています。「Kenco Logisticsは、新しい技術のパイオニアとして評価されており、サプライチェーンのデジタル変革に熱心に取り組んでいることから、理想的なパートナーと言えます。」
また、共同設立者で最高経営責任者のElliot Katz氏は、次のように述べています。「遠隔操作は、すべての企業にとって最も重要な資源である人の生産性、柔軟性、安全性、健康を向上させます。この人間中心の技術は、Kenco Logisticsのお客様にフォークリフトオペレーターへのアクセスを提供すると同時に、オペレーターの効率と生産性を向上させます」

Tags: IoT | Israel

話をする

Phantom Auto に興味がありますか?彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

関連ニュース