コカ・コーラ・イスラエル、培養乳製品を開発するBiomilk社に出資

2021-07-15

Startup

コカ・コーラ・イスラエルとして知られるセントラル・ボトリング・カンパニーは、イスラエルの新興企業Biomilk社と戦略的契約を締結し、同社の培養乳技術を利用した製品の開発に向けて投資および協力を行います。セントラル・ボトリング・カンパニーは、清涼飲料水、アルコール飲料、乳製品を製造・販売するイスラエルの民間企業です。セントラル・ボトリング・カンパニーは、清涼飲料水、アルコール飲料、乳製品を製造・販売するイスラエルの民間企業で、コカ・コーラ・インターナショナルからコカ・コーラ製品のイスラエルでのフランチャイズを受けています。

テルアビブ証券取引所に株式を上場しているBiomilk社は、今回の提携が同社の研究開発業務の強化につながると申請書で述べています。Biomilk社は、牛の乳房から乳生産細胞を分離してバイオリアクターに移し、同社が特許を取得している物質に触れさせて乳を生産しますが、最終的な乳生産プロセスでは牛を必要としません。

両社の間で交わされた覚書によると、セントラル・ボトリング・カンパニーはバイオミルクに総額200万ドルを投資します。最終的な契約が締結された時点で半額を出資し、残りの100万ドルはマイルストーンが達成された時点で出資します。最初の投資に対して、セントラル・ボトリング・カンパニーは、バイオミルクの1株6.24NISの価格での株式とオプションを取得します。セントラル・ボトリング・カンパニーは、バイオミルクに専門家を派遣し、両社は協力して培養乳製品の開発を進め、セントラル・ボトリング・カンパニーの乳製品製造工場でテストを行います。両社は、60日以内に最終合意を形成したいと述べています。

Tags: FoodTech | Israel