1. Home
  2. News
  3. Cloud Networkingスタートアップの"Arrcus"がSeries Dで$50Mを調達
2023/02/10

Startup Portfolio

Cloud Networkingスタートアップの"Arrcus"がSeries Dで$50Mを調達

Arrcusは、Prosperity7 Venturesがリードし、既存投資家のGeneral Catalyst、Lightspeed、Clear Ventures、Liberty Global、そして信用枠を提供したSilicon Valley Bankが参加したSeries DをCloseし、前回の資金調達ラウンドからの累計資金調達額は$50Mに達した。多くの企業が値下げを迫られる投資環境の中で、Arrcusの評価額は約2倍になりました。

ハイパースケール・ネットワーキング・ソフトウェア企業であり、コア、エッジ、マルチクラウドのネットワークインフラをリードするArrcusは、2022年末はほとんどの企業で売上が横ばいから減少するのが普通だったにもかかわらず、同社は好調に1年を終え、2023年に向けて強力なアドバンテージを手に入れました。

  • 2022年末のブッキングのCAGRは100%以上で、厳しい経済状況の中でArrcusのビジネスの急速な勢いを示しています
  • 顧客数は前年比で100%以上拡大し、顧客ネットワークの資本コストと運用コストを大幅に削減するArrcusのACE分解スイッチングおよびルーティングソリューションに対するニーズが高まっていることを示します
  • グローバルな従業員数が70%増加し、Arrcusが人材と成長への投資を続けていることが明らかになりました

IDCのクラウドおよびデータセンター・ネットワーキング担当リサーチバイスプレジデントは、次のように述べています。「世界中の組織がビジネス戦略を推進するために真のデジタルインフラを採用するにつれ、ネットワークの近代化が成功に不可欠であるとの認識が高まっています。ネットワークの近代化には、ネットワークの俊敏性、柔軟性、プログラマビリティ、回復力の向上が必要であり、ソフトウェア定義の自動ネットワーク・インテリジェンスによって実現されます。Arrcus Connected Edge(ACE)プラットフォームは、これらの機能を念頭に置いて設計されており、データセンター、コア、エッジにまたがるユースケースに対応するとともに、お客様がインフラコストを抑制し、収益を生み出すネットワークサービスの立ち上げを加速できるような運用効率を提供します。」

Arrcus Connected Edge(ACE)プラットフォームや、5Gネットワーク向けSRv6、仮想分散ルーティング(VDR)、ハイパースケール・データセンター向けスイッチング、マルチクラウド接続向けFlexMCNといったACEベースのソリューションは、企業、通信サービスプロバイダー、クラウド事業者にまたがる多くの垂直分野の顧客で幅広く採用されています。また、インフラストラクチャやネットワークアプリケーションの分野では、Arrcus Partner with ACE (PACE) プログラムを採用するパートナー企業が急速に増えています。

 

TagsTechnologyCloud

関連ニュース

Search

Arrcus に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください