1. Home
  2. News
  3. FoodTech持続可能なシーフードWildtypeが、コンサベーション・ファンドと提携しアラスカの漁場を保護
2023/03/21

Startup Portfolio

FoodTech持続可能なシーフードWildtypeが、コンサベーション・ファンドと提携しアラスカの漁場を保護

Wildtypeは、地球上で最もクリーンで持続可能なシーフードを作ることを使命としています。では、なぜ今、世界最大の野生サケの遡上を保護するために、コンサベーション・ファンドと提携したのでしょうか?その答えの一つは、私たちがWildtypeを社名に選んだ2016年にさかのぼります。生物学の授業を覚えている人は、科学者は自分たちが研究しているものを自然界に存在するもの、つまり「野生型」と定期的に比較します。私たちにとってWildtypeは、地球の手つかずの自然から生まれる美味しくて純粋な食品の新しい供給源を作るという行動への呼びかけです。そして、「サステイナブル」を謳う企業の同じような海に迷い込むことなく、その使命を具体的な方法で実行に移していく道を示してくれました。

コンサベーション・ファンドがBristol Bay Heritage Land TrustおよびPedro Bay Corporation(アラスカ先住民の村社)と提携し、アラスカの息を呑むようなサケの生息地44,000エーカーを保護すると聞いたとき、私たちは夢中になりました。この地域は、世界最大の野生のサケ漁業の本拠地であり、15,000人以上の雇用を支えています。このプロジェクトでは、土地に保全地役権を設定し、ペブルベイ鉱山などの開発を制限し、アラスカ先住民やアラスカ経済にとって非常に重要な、毎年驚くほど戻ってくるベニザケを支える流域を保護します。

Wildtypeは、天然魚に依存することなくシーフードを製造していますが、このような野生の場所を保護することに深い情熱を抱いています。サケは、ブリストル湾のような雄大な自然の中で、ワシやクマ、そして木々を養う重要な種です。政治的な違いが大きい今、スポーツやキャンプ、探検のために野生の場所を守るという、ほとんどすべてのアメリカ人が大切にしていることに取り組むことは、新鮮な息吹を与えてくれます。グランドキャニオンの縁、イエローストーンの間欠泉の縁、ユタ州のアーチの下で多くの人が驚嘆の声をあげています。このプロジェクトは、文化、レクリエーション、自給自足活動のために何世代にもわたって確保されようとしている自然の場所を、またひとつ増やすことになります。

魚介類の需要が驚くほど伸びていることを考えると、栄養価の高い動物性タンパク質の需要に応えるために、機能している最後の漁場を守ることがこれまで以上に重要であると認識しています。Wildtypeサーモンを米国内のレストランに導入できることを嬉しく思っていますが、私たちの技術をスケールアップするには時間がかかります。規模を拡大しても、年間1億7800万トンの水産動物生産量に対応することは不可能です。責任ある漁業団体、植物性タンパク質のメーカー、養殖魚介類など、私たち全員が力を合わせて成功しなければ、野生地域を守りながら増大するタンパク質の需要に応えることはできません。そのため、私たちは、コミュニティの支援を通じて、コンサベーション・ファンドがこの素晴らしい場所を何世代にもわたって保護するために必要な2,000万ドルの資金調達に成功したことを発表できることを誇りに思います。この保護活動を支援するために、心や小切手を開いてくださった皆様に心から感謝いたします。

 

TagsFoodTechUnited States

関連ニュース

Search

Wildtype に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください