1. Home
  2. News
  3. デジタルアセット CoinTradeが、Fireblocksと統合し、接続性と安全性を強化
2023/04/09

Startup Portfolio

デジタルアセット CoinTradeが、Fireblocksと統合し、接続性と安全性を強化

日本企業のMercury社が所有するアプリベースの取引プラットフォーム、暗号通貨取引所、ステーキングサービスプロバイダーのCoinTradeは、ブロックチェーン上で革新的な製品を作り、日々の暗号運用を管理するプラットフォームであるFireblocksとの統合を発表しました。
デジタル資産業界は長年にわたり急速に進化してきた一方で、盗難や詐欺の事件も指数関数的に増加しており、2022年だけで様々なサービスやプロトコルから38億ドルが盗まれています。業界が成長を続け、デジタル資産が広く普及するにつれ、秘密鍵の保管に関する進化する規制要件に対応するソリューションへの需要が高まっています。

このコラボレーションにより、CoinTradeはFireblocksのコールドウォレットソリューションを活用することになります。資産への即時かつ24時間365日のアクセス、インサイダー談合を防止する分散MPC-CMPキーシェア、最高セキュリティのコールドストレージのための光学QRベースの署名ソリューション、一方でCoinTradeは既存のセキュリティとポリシーコントロールをコールドストレージにシームレスに拡張できます。

FireblocksのAPAC責任者兼金融市場担当SVPであるStephen Richardsonは、次のように述べています。「日本は、金融庁が主導するデジタル資産に対する最も先進的で進歩的な規制環境の1つです。しかし、より広い暗号業界における複数の大きな失敗を受け、金融庁が金融の安定とユーザー保護を促進する主要な政策ポジションを強化したことは理解できることです。CoinTradeは、Fireblocksの実績ある技術、コールドストレージ、ダイレクトカストディのソリューションを活用することで、リスクとコンプライアンス業務をより厳密に管理することができ、同時にデジタル資産にアクセスする安全な方法をユーザーに提供することができます」

この統合により、CoinTradeは、Fireblocks Networkに接続し、CoinTradeの接続サービスを強化し、機関投資家に世界の暗号資本市場への直接アクセスを提供することにもなります。CoinTradeの機関投資家顧客は、1,800以上の流動性パートナー、取引所、レンディングデスク、カウンターパーティからなるFireblocks Networkに直接かつ安全に接続し、CoinTrade口座から直接即時送金、リバランス、決済ができます。さらに、Fireblocksネットワークを通じてオンラインストレージへの接続も可能です。

CoinTradeは、2022年7月に開始したステーキングサービス「CoinTradeStake」をはじめ、Fireblocksを利用したデジタル資産分野での新しいサービスを提供し、お客様に高品質のサービスを提供する努力を続けています。CoinTradeStakeは、登録ユーザーが自分の口座に保有する暗号資産に対してステーキング報酬を得ることができるものです。

株式会社Mercuryの代表取締役社長である都木聡氏は、次のようにコメントしています。「CoinTradeは、Fireblocks社との協業により、AML/CFTコンプライアンスをさらに強化し、関連するリスクを効果的に軽減できるようになります。さらに、昨年から注力しているCoinTradeStakeを拡大し、Fireblocksのプラットフォームを通じて新しいサービスを構築・提供することを目標としています。」

2021年に開始されたCoinTradeは、世界で最も安全でシームレスな取引体験を提供する暗号資産取引プラットフォームで、使いやすく、よりアクセスしやすいシンプルで直感的なインターフェイスを備えています。CoinTradeは、東証プライム市場に上場している株式会社セレスの連結子会社である株式会社Mercuryが所有しています。

 

TagsWeb3United States

関連ニュース

Search

Fireblocks に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください