1. Home
  2. News
  3. Entro Security、企業の機密を保護するため600万ドルのシード資金調達
2023/05/20

Startup Portfolio

Entro Security、企業の機密を保護するため600万ドルのシード資金調達

どんな組織にも、市場で優位に立つためのビジネス上の秘密があります。これらの機密をどのように管理するかによって、市場での成否が大きく左右されることがほとんどです。イスラエルに拠点を置く新興企業Entro Securityは、企業秘密の管理と保護を目的として、600万ドルのシード資金調達ラウンドを実施したことを発表しました。

Entroは、セキュリティに関する豊富な経験を持つItzik Alvas(CEO)とAdam Cheriki(CTO)によって共同設立されました。同社は、今日の企業において、様々なサービスにわたる何千もの秘密を管理するという課題に対処することを目的としており、その使用の背景が不明であることが多い。秘密漏洩を防ぐためのツールは存在しますが、必要なコンテキストが欠けています。

このプラットフォームは、CISOやセキュリティチームをターゲットとしており、秘密がどのように保存されているかについての洞察を提供し、ワークロードと相関させることができます。既存の保管庫、CI/CDシステム、コラボレーション・ツールと統合し、潜在的なリスクを特定し、改善するための統一ダッシュボードを提供します。Entroのエンドツーエンド・モニタリング・ソリューションは、他のツールとの差別化を図り、コンテキストに基づいたセキュリティ問題の優先順位付けを可能にします。

このラウンドは、StageOne VenturesとHyperwise Venturesが主導しました。また、Trusteer、Transmit Security、Impervaの創業者を含む複数のエンジェル投資家もこのラウンドに参加しています。

 

TagsCyber SecurityIsrael

関連ニュース

Search

Entro Security に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください