1. Home
  2. News
  3. ブラジル人に米国での金融サービスへのアクセスを提供する”Nomad”がSeries Bで$61Mを調達し、評価額は約$361Mへ
2023/08/24

Startup Portfolio

ブラジル人に米国での金融サービスへのアクセスを提供する”Nomad”がSeries Bで$61Mを調達し、評価額は約$361Mへ

Nomadは、Tiger Global Managementがリードし、既存投資家のStripes, Spark Capital、Global Founders Capitalなどが参加したSeries Bで$61Mを調達し、評価額は約$361M(BRL 1.8 billion)となった。同社は2022年5月にもStripesがリードした資金調達ラウンドで$32Mを調達しており、その際の評価額は$200Mだった。

2019年に設立されブラジルを拠点とするNomadは、銀行口座、投資プラットフォーム、国際送金、デビットカードなど、ブラジル人に米国での金融サービスへのアクセスを提供しています。今回の調達資金は、同社の投資プラットフォームの拡大や、クレジットカードを含む新商品の発売に充てられる予定です。

afi globalのレポートによると、ブラジル中央銀行は2013年から金融シチズンシップに取り組んでおり、金融包摂、金融消費者保護、金融教育を統合的に提供することを目指しています。デジタル決済はブラジルの銀行部門に極めて重要な影響を与え、個人が利用できる金融エコシステムの整備につながりました。この進歩は、規制枠組みの近代化、テクノロジーの集中的活用、起業家精神、ブラジル人のニーズに対応した商品やサービスの設計によるものです。

COVID-19の流行が始まって以来、約1,600万人が金融システムに参加できるようになりました。さらに、オンライン・サービスへと変化した結果、ブラジル国民の85%が金融サービスを利用できるようになりました。

しかし、政府の規制は、決済プロバイダーや市場に新しいソリューションを導入しようとするプレーヤーに課題を課しています。セキュリティの向上、コストの抑制、プライバシーへの配慮のために、各国がライセンスや資本要件、国内処理、データ制限などの措置を採用したとしても、市場へのアクセスに悪影響を及ぼす可能性があります。しかし、ブラジル中央銀行は比例的な規制を通じて、新たな金融機関の参入を後押ししてきました。

ブラジルの規制環境は、デジタル・バンクの新技術導入を可能にし、パンデミック時の金融包摂の発展に不可欠なものとなりました。さらに、ブラジル中央銀行が2020年に開始したリアルタイム決済システムPixの導入は、デジタル決済を通じた金融包摂を推進するもう一つの手段となりました。

ブラジル市場は変貌を遂げており、フィンテック業界は伝統的な銀行よりも多くの機会を提供することで成長を遂げています。Statistaのレポートによると、2023年の最大市場はデジタル投資で、AUMは20億米ドルと予測されている。また、デジタル資産市場は2024年に42.3%の収益成長が見込まれている。

IDBの調査に見られるように、フィンテック・プラットフォームの数は2018年から2021年にかけてラテン・カリブ海地域で急速に増加しており、2021年には2,482に達し、そのうち31%がブラジルにあります。規制のサンドボックスやイノベーション・ハブの導入により、クラウドファンディングやオープン・ファイナンスの実現など、規制の進展とともに同国でのテストが開始されました。

 

TagsFinTechFinancial ServicesSaaS

関連ニュース

Search

Nomad に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください