1. Home
  2. News
  3. Googleが、Meta、Anthropicの人工知能ツールをクラウドプラットフォームに追加
2023/08/30

Startup Portfolio

Googleが、Meta、Anthropicの人工知能ツールをクラウドプラットフォームに追加

Googleは、Meta Platforms Inc.やAnthropicといった企業からの人工知能ツールをクラウドプラットフォームに追加し、製品にさらに生成型AIを取り入れて、技術を活用したいクラウド顧客のためのワンストップショップとしての位置づけを強化しています。

Googleのクラウド顧客は、MetaのLlama 2大規模言語モデルやAIスタートアップAnthropicのClaude 2チャットボットにアクセスし、独自のアプリやサービスのために企業データをカスタマイズできるようになります。この発表は、Googleがサンフランシスコで開催したNext '23イベントで行われ、顧客が自社のモデルかパートナー企業のモデルのどちらかでニーズに最も適したAIモデルを選ぶ自由を持つプラットフォームとしての位置づけを強化する一環です。現在、Google Cloudのクライアントは100以上の強力なAIモデルとツールにアクセスできると、同社は述べています。

また、GoogleはDuet AI製品をWorkspace製品スイートの顧客に広く提供するとともに、今年後半には一般のユーザーにもアクセスを開放する予定です。Duet AIは、Google DocsやSheets、Slidesなどのアプリでコンテンツを作成する際のサポートを提供する生成型AIヘルパーとして利用できます。このツールは、ビデオ通話中のノート取りや、ミーティングのサマリーの送信、18の言語へのキャプション翻訳などの機能を持っています。また、新しい「attend for me」という機能を通じて、ユーザーはツールを使って自分の代わりにミーティングに参加させたり、メッセージを配信したり、イベントのまとめを作成したりすることができます。

Googleは、GE AppliancesやFox Sportsとの新しいパートナーシップも発表しました。これにより、顧客は例えば、カスタムレシピの作成やFoxの放送カタログからのスポーツイベントの再生など、AIを活用することができるようになります。

さらに、チップメーカーのNvidia Corp.とのパートナーシップを深化させることも発表されました。Googleは、Nvidiaのチップや製品をより多く使用して、大規模な言語モデルのトレーニングを高速化することができるようにクラウドの提供範囲を拡大すると述べました。

これらの発表により、Googleは競合他社から市場シェアを獲得するために、AIの分野で他社との協力をより積極的に進める意向を示しています。Googleは、自社の製品とサービスをAI分野での最良の選択肢として宣伝してきましたが、クラウドコンピューティング市場ではAmazon.com Inc.やMicrosoft Corp.に次ぐ位置にあります。

Google CloudのCEOであるThomas Kurianは、ブログ投稿で「我々は、gen AIによって燃え上がるまったく新しいデジタル変革の時代にあります」と述べています。

さらに、Googleはクラウドカタログに新しいAIモデルを追加するだけでなく、自社のAIモデルやツールの改善も進めています。PaLM 2というGoogleの大規模言語モデルは、研究論文や書籍、法的文書などの長いドキュメントをより正確に分析できるようになり、38の言語で利用可能となりました。また、コーディングをサポートするGoogleのAIモデル「Codey」もパフォーマンスが向上しています。そして、テキストから画像を生成するアプリ「Imagen」は、高品質な画像と新しいスタイル調整機能を持つようになりました。

AI生成コンテンツの取り扱いに関する懸念が高まる中、Google CloudはAIによって作成された画像に透かしを埋め込む機能を発表しました。この機能は、Google DeepMindの技術を利用しており、画像のピクセルレベルで透かしを含めるため、変更が難しいとしています。

また、GoogleはAnthropicやCharacter.ai、Cohereなどのスタートアップをはじめとする多数のクラウド顧客やパートナーを発表しました。同社の産業特化型モデルも注目を集めており、医療分野向けのMed-PaLM 2モデルは、Bayer PharmaceuticalsやHCA Healthcare Inc.、Meditechとのパートナーシップを持っています。セキュリティ分野向けのSec-PaLM 2モデルは、Broadcom Inc.やTenableといったプロバイダーに使用されています。

クラウド部門はまた、Ampere Computingの新しいAmpereOneチップをベースにした商用サービスも発表しました。Ampereは、Oracle Corp.の支援を受けており、自社のチップがIntel Corp.やAdvanced Micro Devices Inc.といったデータセンターの主要なプロセッサ提供者と競合できると主張しています。Ampereのチップは、クラウドプロバイダが必要とする高スループットコンピューティングにより適しており、ライバルの製品よりも電力効率が高いとされています。

TagsAIUnited States

関連ニュース

Search

Anthropic に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください