1. Home
  2. News
  3. 訴訟の可能性を探索するAIベースのデータエンジンDarrowがシリーズBで、$35Mの資金調達
2023/09/20

Startup Portfolio

訴訟の可能性を探索するAIベースのデータエンジンDarrowがシリーズBで、$35Mの資金調達

アメリカは、その訴訟社会で有名です。総額で数千億ドルにも及ぶ市場で急増している訴訟事例を利用し、新しいビジネスを築こうとするAIベースのスタートアップが資金調達を発表しています。Darrowという企業は、公開されている大量の文書からクラスアクション訴訟の可能性を探索するAIベースのデータエンジンを開発しており、データプライバシー違反や環境汚染などの分野における訴訟の可能性を探しています。Darrowは最近3500万ドルを調達しました。この資金調達は、Darrowがデータインサイトの結果として開始した活動的なケースが現在約100億ドルの請求を合計している、過去数年間の順調な進行の後にやってきます。同社はこの資金を使用して、エンジニアとビジネス開発の人材を増やし、その検索と分析ツールに新しい法的ドメインを追加し、大規模な言語モデルやその他の技術資産を拡大する投資を計画しています。このシリーズBのラウンドは、B2BのスペシャリストであるGeorgianが主導し、F2、Entrée Capital、NFXも参加しました。これまでのところ、DarrowはY CombinatorやR-Squared Venturesも含め、投資家から約6000万ドルを調達しています。

このスタートアップは、COVID-19の勃発を受けて2020年に設立されました。CEOのEvyatar(Evya)Ben ArtziとCTOのGila Hayatが共同設立したこの企業は、ニューヨーク市とテルアビブにオフィスを構えています。Ben Artzi氏は、今後、法律事務所が新しいケースを見つけて進める方法を積極的に変えることができるよう、プラットフォームをさらに利用する計画です。Ben Artzi氏によれば、クラスアクション訴訟は多くの場合、法律事務所が取り組むにはリスキーかつ高価と見られており、興味深いケースを積極的に探すリソースとチームを持つ最大の法律事務所だけが関与しています。しかし、Ben Artzi氏は、どんなに小規模な被害者であっても、戦う価値はあると見ています。

Darrowは、「正義のインテリジェンス」プラットフォームとしてその技術を説明しており、ビジネスインテリジェンスではなく、法的違反と訴訟の可能性を示すパターンに最適化された予測分析エンジンとして機能します。Darrowは公開情報の数千のソースをクロールし、違反や有害な結果のデータと証拠の間に「点を結ぶ」作業を行います。また、潜在的なケースの法的結果とその価値を予測します。Darrowは、彼らが他のAIツールを利用することにすでに非常に慣れているだけでなく、新しいケースを見つけることに最も経済的な動機を持っているためです。そして、個人が自分に関連するデータを探したり、自分のデータを報告したりするためのポータルとビジネスモデルを時間をかけて作成する可能性があります。「私たちは最も影響力のあるプレイヤーを特定しようとしており、その欠落していたリンクは訴訟弁護士から始まるが、消費者も長期的なビジョンの一部です。彼らは非常に重要です。これが私たちがこれを始めた理由です」とHayat氏はインタビューで語っています。

 

 

TagsAILeagalTech

関連ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください