1. Home
  2. News
  3. Ionix(旧Cyberpion)が、Attack Surface ManagementでシリーズAラウンドに1500万ドルを追加調達
2024/02/07

Startup Portfolio

Ionix(旧Cyberpion)が、Attack Surface ManagementでシリーズAラウンドに1500万ドルを追加調達

企業のセキュリティ状態とソフトウェア供給チェーンをオンプレミス、クラウド、サードパーティのプラットフォームおよびサービス全体で把握し、攻撃対象範囲を縮小するサポートをするIonix(旧Cyberpion)は、既に発表されていた2700万ドルのシリーズAラウンドに1500万ドルを追加することを発表しました。新たな資金は、新規投資家であるMaor Investmentsからのもので、既存の投資家であるHyperwise Ventures、Team8、およびU.S. Venture Partners (USVP)も参加しています。これにより、同社の総資金は5030万ドルになりました。

サプライチェーン攻撃が一般的になる中、企業はますます多くのサードパーティのサービスやツールに依存していますが、これらも同じ問題に直面しています。Ionixは、ビジネスに企業の攻撃対象範囲全体を理解し、管理するための単一プラットフォームを提供すると約束しています。ここでの重要な洞察は、多くの攻撃対象範囲が企業のファイアウォールの外側にあるということです。既存のツールは、企業の直接の管理下にあるネットワークを守るのには適しているかもしれませんが、それを超える脅威に対しては必ずしも効果的ではありません。

攻撃対象範囲管理(Attack Surface Management)は新しい分野ではありませんが、IBMやMandiantなどのスタートアップや既存企業も競合サービスを提供しています。Ionixは、多くの競合他社よりもはるかに広い視野を提供すると主張しています。これらのツールの核心は、企業の従業員が使用しているツールの目録を作成することで攻撃対象範囲を正確にマッピングする能力にあります。Ionixによると、顧客は他のツールよりも50%多くの資産を発見しています。この情報に基づいて、IonixのようなサービスはITおよびセキュリティチームが悪用可能なリスクを優先し、セキュリティ状態を改善するのを支援できます。

IonixのCEOであるMarc Gaffanは、「我々の使命は、攻撃者のように外から見た最も広い攻撃対象範囲を顧客に提供し、重要な露出を中心に効果的な優先順位付けを支援することです。市場での強い需要は、この問題の重要性と私たちのソリューションが顧客にもたらす価値を強調しています」と述べています。Ionixの現在の顧客には、Lexmark、Warner Music Group、Infosys、多国籍電力会社E.ONなどが含まれています。

 

TagsCyber SecurityIsrael

関連ニュース

Search

Ionix に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください