AI認識技術のAnyVision社が235Mドルのラウンドを実施

2021-07-08

Startup

イスラエルのスタートアップ、AnyVisionは、2億3500万ドルのシリーズCラウンドを獲得しました。この投資は、SoftBank Vision Fund 2とEldridgeが主導し、既存の投資家が参加しました。今回のラウンドは、前回のラウンドから約1年後に調達されたもので、当時、同社は投資家の名前を明かすことを拒んでいました。同社は今回の資本を利用して、SDKやソフトウェアをエッジデバイス(スマートカメラ、ボディカム、さらにはチップなど)に統合し、優れたビデオ分析機能を実現し、新たな市場に進出する予定です。

AnyVisionは、混雑した場所でも効果を発揮するAIを搭載した顔認識技術を開発しています。同社の製品群には、顔認識、身体認識、物体認識が含まれており、あらゆるパッシブカメラをアクティブなカメラに変えることができます。Better Tomorrowと呼ばれるAnyVisionの技術は、体重の増減や化粧、つけ髭や眼鏡をかけた後でも、人を分析して識別します。この会社は主に国家安全保障市場に焦点を当てています。しかし、同社は金融、病理学、農業などの分野でも、不正事件の防止に貢献しています。この技術は、パスコードやキーカードの代わりに使用することができ、顔認識に基づいて自動的にドアを開けることができます。同社のビジネスモデルは、システムの販売と、それに続くサブスクリプションベースのサービスに重点を置いています。

AnyVisionのCEOであるAvi Golan氏は、次のように述べています。「Access PointのAIプラットフォームは、人、場所、プライバシーを保護すると同時に、コスト、電力、帯域幅、運用の複雑さを軽減するように設計されています」

AnyVision社は、24歳で最初の会社を売却したシリアルアントレプレナーのEylon Etshtein氏、会長を務めるShlomo Ben-Artzi教授、世界的に著名な機械学習の専門家であるNiel Robertson教授によって設立されました。同社は、イスラエル、アイルランド、米国にオフィスを構え、約300名の従業員を擁しています。

Tags: AR/VR | Communication | Israel