イスラエルのスタートアップSilkが55Mドルを獲得し、クラウドのデータ移行をよりスムーズに

2021-07-08

Startup

クラウドデータプラットフォームを開発するイスラエルのスタートアップであるSilkは、シリーズB資金として5500万ドルを獲得しました。このラウンドは、S Capitalがリードし、Sequoia Capital、Pitango、Ibex Investors、Globespan、Vintage Investment Partnersなどの既存の投資家が参加しました。また、Silk'sはClal Insurance、Bank HaPoalim、Meitav Dash、Menora Mivtachimなど、新たな投資家を迎えました。今回の資本により、商業活動の加速とエンジニアリング能力の拡大を図る計画です。

クラウド分野は過去数年間で急激な成長を遂げており、2020年のパンデミックの発生により、企業はクラウドの存在感を高めたり、クラウドを革新したりする必要性が高まっています。イスラエルのスタートアップ企業であるSilk社は、企業がミッションクリティカルなアプリケーションをシームレスにクラウドに移行することを可能にするクラウドデータプラットフォームを開発し、オンプレム環境よりもパフォーマンスを向上させています。

Silk社のCEOであるDani Golan氏は、次のように述べています。「クラウドベンダーは今、顧客のデータベースやその他のミッションクリティカルな 王冠の宝石 をめぐる争いを始めています。この戦いに勝つためには、ミッションクリティカルなアプリケーションの最高のスケーラビリティとパフォーマンスを実現することで、顧客がエンドユーザーのSLAを満たすことを保証する必要があります」

Golan氏は、オールフラッシュのクラウドストレージを運営するKaminario社を設立した経験があり、これが初めてのロデオではありません。Golan氏はGeektimeとのインタビューの中で、Silkの技術の一部は、以前の会社が保有していたオンプレム技術の特許をベースにしていると述べています。Kaminarioは、独立した会社として、現在も運営されていますが、彼はもうハンドルを握っておらず、代わりにGMを雇ってビジネスの面倒を見てもらいながら、Silkを設立しています。

Golan氏によると、彼が2019年に設立したSilkは、これまでに9,000万ドルを調達しています。投資家たちは、Silkの計り知れない可能性を見て、投資のきっかけを作ったのだと言います。Silk社は、イスラエルのYokneamにある研究開発センターで200人の従業員が働いており、ボストン、パリ、イギリスにもオフィスがあります。

Tags: Cloud | Big Data | Israel