Cynamicsが700万ドルを調達し、AIによるネットワーク検知・応答を北米で実現

2021-09-15

Startup

イスラエルのAI駆動の次世代(NG)ネットワーク検知・応答(NDR)の新興企業Cynamicsは、チェックポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの共同創業者であり、イスラエルを代表するシリアルアントレプレナー、テックファウンダー、投資家の一人であるMarius Nacht氏が中心となり、Colibri TechnologiesとFantail Venturesが参加して700万ドルを調達しました。同社はボストンに新本社を設立し、米国での事業拡大をリードするとともに、これまでに80社以上の北米の顧客にサービスを提供しています。

 

Cynamicsは、世界で初めてネットワークサンプルに基づくサイバーセキュリティソリューションを開発しました。主要なネットワークゲートウェイから小規模なネットワークサンプル(1%未満)を収集し、特許取得済みの独自のAI技術を用いて、フルネットワーク(100%)の挙動を推測し、攻撃や脅威が発生するずっと前に予測します。脅威が予測されると、お客様は、ゲートウェイからネットワーク資産を経て、侵害された特定のエンドポイントに至るまでの自動ドリルダウンに基づいて、完全な攻撃ストーリーを得ることができます。このソリューションは、即座にアクションを起こし、即時かつ自動的なミティゲーションを可能にします。

 

Cynamics社の共同設立者兼CEOのEyal Elyashiv氏は次のように述べています。「ネットワークアーキテクチャのトレンドの変化やパンデミックの影響により、ネットワークインフラは複雑な分散型トポロジーになっており、ネットワークの検知と対応が課題となっています。その結果、CISOはネットワークの限られた部分のみを侵害し、監視することを余儀なくされています。これが盲点となり、セキュリティ侵害につながるのです。Cynamicsは、わずか1%のトラフィックの分析に基づいてネットワークを完全にカバーし、攻撃や脅威を最高の精度で検知する能力を提供する新しいパラダイムを提供します。さらに、当社のソリューションは、既存のツールが予測する数分前に脅威を予測します。これは、スムーズな修復と数百万ドルの回復の違いをもたらす重要な時間枠となります。」

 

イスラエル国防省(MAFAT)の元国防研究開発局局長で、Marius Nacht氏のハイテク投資を管理しているOphir Shoham氏は次のように述べています。「Cynamicsは、ネットワークに依存しない非常にユニークな技術を開発し、導入が容易であるため、様々な顧客に迅速にアプローチすることができ、次世代のNG NDRのリーダーとして位置づけられています。サイナミクスは、強力なチーム、実績のある革新的な技術、巨大な市場、そして同社が提供するソリューションに対する真のニーズなど、偉大な企業を築くための適切な要素を備えています」


 

Tags: Cyber Security | Israel