AT&Tが、テルアビブに新たなR&Dセンターを開設

2021-10-25

General

世界的な通信事業者であるAT&Tは、イスラエルでの事業を拡大しており、テルアビブのToHa Towerに新しいR&Dセンターを開設することを発表しました。このセンターは、すでに500人の従業員を擁するR&Dセンターに加えて、さらに100人を雇用してクラウドソリューションへの活動を拡大する予定です。両センターとも、ハイブリッドなワークモデルで運営され、従業員は時折、自宅で仕事をすることができます。



AT&Tのソフトウェア・デリバリー・サービス担当副社長であり、AT&Tイスラエルのゼネラル・マネージャーであるNataly Kremerは、次のように述べています。「イスラエルの開発センターは、世界中の何億ものAT&Tユーザーのために革新的な技術を推進する責任を負っており、会社全体の戦略的イニシアチブをリードしています。国内におけるセンターの成長と開発プロセスの一環として、先進的な技術を大規模に扱うことに私たちと同様に熱意を持った質の高いチームメンバーを求めています。」



同社は、会議ソリューションを専門とするイスラエルの企業であるInterwiseの買収に伴い、2007年に研究開発センターを設立しました。イスラエルのAT&T R&Dセンターは、同社のすべての戦略的活動分野におけるソフトウェア製品の開発を担当しています。その中には、5Gネットワーク、デジタルソリューション、世界中の救急システムを管理するための先進的な製品が含まれており、今後はクラウド技術も含まれる予定です。AT&Tは、他の多くの大企業とともに、イスラエル人の人材を大量に採用しなければならないという課題を抱えています。

 

Tags: Israel | Communication