次回のUAE-イスラエルフォーラムは2022年1月に開催予定

2021-11-29

General

アラブ首長国連邦のMohamed Al Khaja駐イスラエル大使は、テルアビブで開催された第1回UAE-Israel Business Forumを締めくくり、次回のフォーラムは2022年1月にアブダビで開催される予定であることを明らかにしました。Al Khaja大使は、イスラエルの経済省およびStartup Nation Centralと共同で、二国間の安定した貿易を促進・確保するための全体的な取り組みの一環として、この権威あるフォーラムを開催しました。この初の試みとなる会議では、双方の信頼に基づく個人的な関係を確立しながら、コラボレーションと互恵的な商業的成功を通じて地域に利益をもたらす革新的なエコシステムを構築する方法が検討されました。

 

Al Khaja大使は、最近のビザ免除協定や新たに開設された旅行回廊を引き合いに出し、首長国の観光客がイスラエルを訪れ、その人々や文化を自ら体験することの重要性を強調しました。Al Khaja大使は、首長国の観光客にイスラエルの人々や文化を体験してもらうことの重要性を強調し、「これは、首長国の人々がイスラエルの人々の温かさやもてなしを感じる機会です。」と述べています。

 

このイベントには約200人の専門家が招待され、そのうち80人以上はアラブ首長国連邦からイスラエルに初めて来た人でした。2021年3月1日に信任状を提示して以来、UAE初の駐イスラエル大使を務めているAl Khajaは、先日のフォーラムで行われたビジネス協議が、実行可能な項目として具体化すると確信していると述べています。

 

イスラエルの輸出協会によると、2020年9月にアブラハム合意が締結されて以来、Covidの制限にもかかわらず、二国間貿易は有機的に発展し、最近では10億ドルを超えています。政府関係者は、二国間貿易が今後2年間で3倍になり、2023年には30億ドルに成長すると予想しています。一方、イスラエルと首長国の要人は、両国が今後数ヶ月のうちに最終的に実施されるべき自由貿易協定の設立に向けて協議していることを明らかにしました。また、イスラエルと首長国の政府関係者は、自由貿易協定の締結に向けて協議していることを明らかにしました。「多くのベンチャー企業が誕生し、多くのMOUが締結されています。今日発表された二国間の貿易額は10億ドルを超えていますが、空には限界がなく、すでに宇宙やその先のミッションについても話し合っています。私たちは、経済面だけでなく、文化面やスポーツ面でもさらなる協力関係を築いていきたいと考えていますが、やはりこの関係の本質は人と人とのつながりです」とAl Khajaは語ります。

 

Al Khajaは、UAEの国交正常化後に任命された初の駐イスラエル大使であり、首長国とイスラエルの関係を促進する彼の功績は広く認められています。彼の就任は、両国および地域全体の新たな時代を象徴するものとして、イスラエル国民から大きな反響を呼びました。「この地に降り立ったときから、この地の人々がいかに温かく歓迎してくれているか、純粋であるかということに感動しました。そして、私たちは50年間関係がなかったことに追いつこうとしているのだと感じました。ここの人々の間の化学反応はまさに自然なものです。このようなパートナーシップによって、平和の実現と地域の繁栄という新たな物語を創造するために、私たちは一緒に何ができるのでしょうか」とAl Khajaは語りました。

 

Tags: Israel