1. Home
  2. News
  3. イーロン・マスクが、Twitterとの戦いの中で、ボット分析をCyabraへ依頼
2022/10/13

Startup Portfolio

イーロン・マスクが、Twitterとの戦いの中で、ボット分析をCyabraへ依頼

イーロン・マスクがTwitterとの法廷闘争の一環として雇ったデータ分析会社Cyabraによると、スパムと偽アカウントは、同等のソーシャルプラットフォームよりもTwitterに多く存在しているとのことです。スパムやボットアカウントがTwitterの全ユーザーの推定11%を占めているというMusk氏の依頼による調査を行って以来、同社が初めて公開したインタビューでのもので、440億ドルでのソーシャルメディアプラットフォームの買収を完了する準備が整ったと見られるMusk氏を待ち受けるかもしれない頭痛を浮き彫りにするものです。

 

Cyabraのダン・ブラミーCEOは、ツイッター(TWTR)の研究に加え、同社がライバル企業についても同様の評価を行っており、偽アカウントの問題はツイッター(TWTR)の方がライバル企業よりも比較的深刻なようだと語りました。Cyabraは、「何百もの」パラメータを分析する機械学習アルゴリズムを用いて、特定のオンラインアカウントやコンテンツが本物であるかどうかを推定しています。

 

Twitter上のボットは、買収契約から抜け出そうとしたMusk氏の最初の試みをめぐる論争の中心的な存在となっています。取引に署名し、その過程でデューデリジェンスを放棄してから3カ月も経たないうちに、マスクは、以前、ボット問題に対処するために同社を買収したいと述べたにもかかわらず、Twitterがプラットフォーム上のボットの数を誤って記載したという主張を理由に、契約の解除に動きました。
Twitterは長年、ボットが収益化可能なデイリーアクティブユーザー(mDAU)の5%未満を占めていると述べてきました。5月の一連のツイートで、TwitterのCEOであるParag Agrawal氏は、「スパムはTwitterで本物の人々の経験に害を与える 」と認め、「そのため、我々は毎日、できるだけ多くのスパムを検出して削除するように強く動機づけられている」と付け加えました。この取引は今月末に裁判にかけられる予定でした。しかし先週、Musk氏はTwitterに対し、当初の価格で取引を進める準備が整ったと述べ、裁判を監督する裁判官は両者に対し、10月28日までに取引を完了するか、裁判に臨むかを言い渡しました。

 

イスラエルに本拠を置く同社は、約40人の従業員を抱え、米国務省やさまざまな消費者ブランドをデジタル真正性測定ツールの顧客としてカウントしています。同社の投資家には、ピーター・ティール氏が支援するファウンダーズ・ファンドも含まれています。この分野の専門家の多くは、スパムや偽アカウントの推定は極めて主観的な作業であり、明確な数値を持っていると主張する人は、この問題の複雑さを理解していない可能性が高いと警告しています。Twitterのボット数推定に利用されたMuskの別のサービス、Botometerの作成者でさえ、「ボット」という言葉の定義の難しさを強調し、文脈、意図、さらにはアカウントの管理方法によって、問題が複雑になると警告している。また、Twitterで許可されている情報や娯楽コンテンツを共有するために設計された優良なボットも存在し、その多くはプラットフォーム上で自動化されていると透明に自己認識しているとのことです。
取引交渉の再開に先立つ先週のインタビューで、ブラフミー氏は、アカウントが本物かどうかを判断するために同社が機械学習アルゴリズムを使用することには明らかに限界があることを認めました。アカウントが偽物やスパムである可能性を測定するために使用されるCyabraのアルゴリズムに組み込まれた要素には、そのアカウントのソーシャルネットワークのメンバーとその場所、そのアカウントが話す内容、頻度と時間、そのアカウントが1言語または複数言語を使用しているか、それらの言語をどれくらい流暢に使用しているか、そのアカウントのコンテンツの生成傾向の種類、その他多数が含まれています。

 

TagsCyber SecurityIsrael

関連ニュース

Search

Cyabra に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください