1. Home
  2. News
  3. SalesTechのSetSail、販売データ上にChatGPTの質問機能を追加
2023/04/08

Startup Portfolio

SalesTechのSetSail、販売データ上にChatGPTの質問機能を追加

SetSailは、営業マンへの新しい報酬の支払い方法を構築することに着手しました。データに基づいて、営業マンが販売に成功したときにまとめて支払うのではなく、パイプラインのどこにいるかに応じて支払うことができます。この方法なら、営業マンがよりリスクを取れるようになると考えたのです。このようなアプローチには、営業プロセスの状況を把握するための大量のデータが必要であり、そのデータ基盤は、生成AIの格好の材料となることが判明しています。今日、同社は、自然言語でシステムに質問し、それがSQLクエリに変換され、答えを提供する新機能を発表しました。

SetSailの共同設立者でありCEOのハガイ・レヴィは、公正な販売報酬システムを構築するためには、データサイロから重要なデータを取り出す必要があることを学んだと言います。彼の会社は、基礎となるデータレイヤーを構築し、あらかじめ定義されたデータをダッシュボードに表示できるだけでなく、非常に鋭い質問に答えるために、別の方法でそれを活用することができるようになりました。「過去3年半の間、私たちはデータ基盤製品に多くの時間を費やしてきました。それは、これらのサイロをすべてつなぎ、ダッシュボードを使って360度のビューを提供するものです。」
ChatGPTはテキストを書くだけでなく、構造化されたSQLクエリなどのコードも書くことができ、ダッシュボードの代わりにデータの上でインタラクティブなディスカッションを行うのに十分な性能を持っていると指摘します。「GPT のパワーと、私たちが作ったデータインフラを融合させたのです。なぜダッシュボードが必要なのか、自問自答することになります。という疑問が湧きますが、質問して直接答えられるので、もうダッシュボードは必要ありません」と語ります。

今でも販売奨励金の構築を有効なアイデアだと考えていますが、構築したデータインフラは、たとえ本来の目的で使用しない場合でも価値があることがわかりました。「当初のビジョンを実現するためには、すべてを自動的に追跡する非常にユニークなデータセットを作成する必要がありました...そしてわかったことは、そのインフラ自体が顧客にとって多くの価値を持っているということです。そのため、どの案件が成約間近なのか、どの営業マンが成約に困っているのか、今週は誰が経営者の意思決定者と会っているのかなど、具体的な質問をすることができるようになりました。このシステムは、メール、カレンダー、CRM、マーケティングオートメーションシステムと連携し、単にダッシュボードでデータポイントを見るよりも、全体像を把握し、質問に答えることができます。」と述べています。

これらの新機能に加えて、同社は1100万ドルの投資も発表した。投資家にはZoom Venturesが含まれており、同社自身も最近、SetSailの新機能と実際によく一致する新しい会話ツールであるZoom IQを発表しています。同社は2018年に設立され、今回の投資で約5,000万ドルを調達しています。

 

TagsSalesTechUnited States

関連ニュース

Search

に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください