1. Home
  2. News
  3. 若者専用のメンタルヘルス・プラットフォームの"Somethings"がSeedで$3.2Mを調達
2023/05/17

Startup Portfolio

若者専用のメンタルヘルス・プラットフォームの"Somethings"がSeedで$3.2Mを調達

Somethingsは、General Catalystがリードし、Tau Ventures、Gaingels,、Plug and Play Ventures、MVP Venturesやエンジェル投資家などが参加したSeedで$3.2Mを調達した。

ニューヨークを拠点とする創業14ヶ月のSomethingsは、若者専用のウェルネス・プラットフォームで、10代の若者と19歳から26歳までの訓練されたメンターを結びつけ、非同期で支援を行います。

スタンフォード大学卒で共同創業者のPatrickが幼少期に食と格闘したのは、10歳の時でした。医師によってカロリー制限のある食事療法を施された彼は、恥ずかしさと孤独を感じ、10年以上続く摂食障害の引き金となりました。「スティグマに押しつぶされ、友人や家族とメンタルヘルスについて話すのが怖かった10代の頃を、今でも振り返ります」と言います。

数年後、大学院の同級生が自ら命を絶ったことで、Patrickはスタンフォード大学の修士課程(先にプロダクトデザインの学位を取得していた)を離れ、若者のメンタルヘルス危機の解決に貢献する必要に迫られました。

製品自体は、かなり単純なものです。ティーンエイジャーは、多くの場合、両親のサポートを受けながら、Somethingsを通じて、似たような背景や状況経験を持つメンターとマッチングされます。従来の臨床医とは異なり、ティーンエイジャーはメンターと非同期で少量ずつ、あるいは一定の間隔でコミュニケーションをとることができます。

メンターは、まず応募し、身元調査を受けた後、2つの集中トレーニングモジュールを修了する必要があります。1つ目はメディケイドで償還される州のプロバイダー主導のピアスペシャリストトレーニング、2つ目はSomethingsが開発し、米国政府の少年司法・非行防止局とともに構築したカスタム内部プログラムです。

この製品はまだ10代の若者のための償還対象ではなく、HIPAAコンプライアンスにも該当しませんが、Somethingsはデータがプラットフォームから出ることはないと主張しています。

Somethingsは、臨床的なプロバイダーであるかのように装うことはありません。むしろ、重要な基本的サポートと、次世代に響く接続インフラを提供します。

Somethingsは、「現代のティーンエイジャーと従来のメンタルヘルスケアはうまく調和しない」という同社の訴えを理解する投資家をすでに集めています。

データは、物語を語り、機会を浮き彫りにするのに役立ちます。CDCによると、米国では10代の若者の実に40%が常に悲しみや絶望を感じているそうです。これは、支援を必要としているおよそ1,900万人の若者たちに相当します。さらに、Child Mind Institute (CMI)によると、子供や青少年の30%が不安を感じる一方で、治療を受けるのは20%に過ぎないそうです。「ティーンエイジャーは、セラピストやカウンセラーよりも、友人や家族など、専門家以外の人にメンタルヘルスのサポートを求める傾向があります」とCMIは報告しています。

アクセス不足は問題の一端ですが、もう一つの障害は、私たちの多くが慣れている「伝統的な」メンタルヘルスケアサポート、つまり、免許を持った臨床医と1時間じっくり話をしたり、自分の生活体験と関係のない専門家にメールを送ることが、現代の10代には合わないかもしれない、ということだとPatrickは考えています。これに対し、2018年のJournal of Psychiatry誌は、硬直したカウンセリングモデルよりも、若者のメンタルヘルスに対するメンターシップの有効性を慢性的に示しています。

Somethingsは関連して、ティーンが自分の都合に合わせて親近感のある人物と話せる非同期のメンターシップモデルを作ることで、ティーンはよりオープンになり、直面する葛藤のサポートを得ようとするようになると賭けています。

Somethingsは、10代がメンターとコミュニケーションできるスペースを作ることの重要性を保護者に強調し、メンターも保護者とつながり、一般的な最新情報を提供することができます。

親は、ティーンがプラットフォームに参加する際に伝えられたSomethingsのビジョンと価値観を守ることを期待しています。

それでも、親がこのダイナミズムから取り残されているわけではありません。Patrickは、「バランスです。メンターとティーンとの関係は、守秘義務がなければ成り立ちません。同時に、親が人間関係から切り離されることは、親にとっても大きなフラストレーションになります。 私たちには、親をその関係に引き入れ、メンターと一緒にティーンをサポートする責任があるのです」と言います。

このモデルはうまくいっているようです。Somethingsチームは、成功の指標を追跡するための技術的なインフラをまだ開発中ですが、初期のテストでは、退会者が少なかったと報告されています。

メンターは、コミュニケーションから、ティーンが臨床治療を必要とする場合の認識、適切な紹介まで、あらゆる面で訓練を受けています。

当然ながら、Somethingsは競合に直面しています。BetterHelpは、近年登場したメンタルヘルスのスタートアップのひとつに過ぎず、そのことは同社も承知しています。しかし、Somethingsは、助けを必要とする若い人たちに焦点を当て、そのためのツールをデザインしている点で、唯一無二の存在だと考えています。

メンタルヘルスのモデルの転換は目が離せません。

TagsHealthcare

関連ニュース

Search

Somethings に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください