1. Home
  2. News
  3. AgriTechパイオニアCropXへ米国の灌漑大手Reinke社が出資を拡大
2023/05/23

Startup Portfolio

AgriTechパイオニアCropXへ米国の灌漑大手Reinke社が出資を拡大

米国の灌漑大手Reinkeは、当社のAgTechパイオニアであるCropXへの投資を拡大し、同社の3000万ドルのシリーズC融資ラウンドに参加しました。両社の技術を組み合わせることで、農家が水やその他の資源を効率的に管理できるよう支援します。シリーズCラウンドは、水管理技術の世界的リーダーであるベルギーのAliaxis SAが主導しました。この資金は、CropX社の農地管理システムの開発を継続し、補完的な技術と市場リーチを持つ企業を買収するために使用される予定です。

数年前からCropXに投資しているReinke社の社長Chris Rothは、次のように述べています。「Reinkeは、顧客の需要増に対応するため、提供するサービスを拡充しています。Reinkeの精密灌漑とCropXの農地管理システムを使うことで、作業を効率化し、どこからでも監視することができます」

世界の淡水使用量の70%は食糧生産に使用されており、農業における水の効率的な利用は、特に食糧需要が高まっている現在、最重要課題となっています。現在のトレンドが続くと、2050年までにカロリー需要は70%増加し、人間や動物が消費する作物需要は少なくとも100%増加すると言われています。

CropXのプラットフォームは、50カ国以上で展開されており、農家が資源を最適化し、コストを抑えることで、より多くの生産を行うことを支援します。地球と空からのデータを統合し、土壌と作物の高度なインテリジェンスと、一連のデジタル意思決定および計画ツールを提供します。最近、カリフォルニアに拠点を置く精密灌漑会社Tule Technologiesを買収し、農業最適化システムに新しいデータ取得機能を追加しました。この買収は、CropXにとって4件目の買収となります。

人工知能を活用したこのシステムは、先進的な土壌センサーと衛星画像を用いて、世界中の5,000以上の農家が実践している農法を改善するものです。CropXの顧客は、モバイルおよびデスクトップシステムからアクセス可能なダッシュボードを使用して、土壌と作物の健康状態を追跡し、灌漑、施肥、作物保護を管理することができます。データは、世界中の何千もの土壌センサー、気象関連データ、衛星画像から取得されます。そのデータはAWS上で稼働する集中型AI支援プラットフォームに送られ、この技術により100種類の作物で50%の水と20%の農薬の節約、20%の収量増加が実証されました。大きな焦点は、土壌からデータを抽出し、リアルタイムで分析することで、肥料や灌漑を最大限に最適化できるようにすることです。人工知能がデータ分析を推進し、農業における無駄な資源への対処が主な概要となります。灌漑管理は、作物や生育ステージに応じた推奨がなされます。栄養管理アラートは、高価で汚染性の高い窒素肥料の過剰施用を防止します。

今年、CropXは革新的な病害管理機能をプラットフォームに追加しました。このプラットフォームは、病害のリスクを特定し、いつ何を散布するかを推奨することで、より的を絞った散布を可能にし、費用や環境への悪影響を軽減します。CropXの技術は、独自のソフトウェアとハードウェアを統合したもので、CropXは特許を取得したモノのインターネットセンサーを自社で製造しています。

 

TagsAgriTechIsrael

関連ニュース

Search

CropX に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください