1. Home
  2. News
  3. Kira Learning AIで、誰でもコンピューターサイエンスを教え、学ぶことができるプラットフォームを構築
2023/06/15

Startup Portfolio

Kira Learning AIで、誰でもコンピューターサイエンスを教え、学ぶことができるプラットフォームを構築

Kira Learningは、誰でもコンピューターサイエンス(CS)を教え、学ぶことができるAI搭載のプラットフォームを構築している企業で、先日、既存投資家のNEAとAI Fundから$15MのシリーズAラウンドを完了したと発表しました。そして同社は、競争的RFPプロセスを経て、Battelle Educationが管理するTennessee STEM Innovation Network(TSIN)と提携し、州内のすべての公立高校と中学校にCS入門カリキュラムと比類のない統合教育-学習プラットフォームを提供することも発表した。TSIN、テネシー州教育省、Battelleは、このカリキュラムとプラットフォームを利用して、同州の高校で新たにコンピュータサイエンスが必修化される予定です。

CSコースを義務化する州が増えるにつれ、米国では技術的な教育ノウハウに対する大きな需要が見込まれます。しかし、コンピュータ・サイエンスを教えるための障壁は高い。そして、共同創業者でCEOのアンドレア・パシネッティは、2021年にKira Learningを立ち上げたとき、こうしたニーズを予想しました。機械学習分野のパイオニアであり、スタンフォード大学のCS非常勤教授、Courseraの共同創業者である Andrew Ng博士と提携し、元NASAジェット推進研究所のAIデータサイエンティストで共同創業者のJagriti Agrawal氏を含む教育者、科学者やエンジニアのチームを結成し、製品とカリキュラムを開発しました。

その結果生まれたソリューションは、最先端のカリキュラム・ソリューションを通じて、教師と学習者に力を与えるもので、ブラウザベースの共同コーディング環境と、自動採点や生徒支援のためのAI搭載ツールです。そして、Kira Learningのソリューションは、役立つ方法で生徒を引き込むことを重視しているため、生徒が快適に、継続的にやる気と関心を持てるようにします。さらに、カリキュラムは複数のプログラミング言語と技術をカバーし、AI、サイバーセキュリティ、ウェブ開発などをカバーする複数のコースパスウェイが含まれています。

全米の各州は、さまざまな段階でコンピューターサイエンスの要件を展開しています。そしてテネシー州は積極的なアプローチをとり、CS教育を高校の必修科目とした最初の州の一つです。TSINは、Kira Learningのコンピュータサイエンス講座を、州内のすべての公立中高一貫校で、学校負担なく利用できるようにするものです。そして今秋からは、テネシー州の高校卒業を控えたすべての公立学校の生徒が、Kira Learningの「コンピュータサイエンス入門」コースを通じて、コンピュータサイエンスの必須科目を満たすことができるようになります。最近、米国ではジョージア州、ネブラスカ州、ネバダ州、サウスカロライナ州の4州でも高校卒業にコンピュータサイエンスコースの履修を義務付け、さらに23州では高校が選択科目としてCSコースを少なくとも1つ提供するよう求めています。Kira Learningは現在、さらにいくつかの州と積極的に協議を進めており、今秋までに約20州でのプログラム展開を見込んでいます。

 

TagsEdTechUnited States

関連ニュース

Search

Kira Learning に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください