1. Home
  2. News
  3. 企業向けmicro-mobility-as-a-benefitプラットフォームの"Ridepanda"がSeed IIで$7.5Mを調達
2023/11/10

Startup Portfolio

企業向けmicro-mobility-as-a-benefitプラットフォームの"Ridepanda"がSeed IIで$7.5Mを調達

Ridepandaは、Blackhorn VenturesとYamaha Motor Venturesが共同リードし、新規投資家のUrban Us CapitalやPorsche Ventures、General Catalystなどを含む既存機関投資家全員が参加したSeed IIでEquityとDebtを合わせて$7.5Mを調達した。調達した資金は、Ridepandaのエンジニアリング、セールス、マーケティングにわたるチームを成長させ、2026年までに10万人の従業員がRidepanda車両で通勤し、アクティブなライフスタイルを送るというミッションの達成に活用される予定です。

業界のベテランにより設立された企業向けmicro-mobility-as-a-benefitプラットフォームのRidepandaは、今回の資金調達によりアメリカの主要都市における通勤方法を変革するという使命を加速させます。現在、シアトル、サンフランシスコ、ニューヨークで運営されている(今後24ヶ月でさらに多くの都市で開始する予定)Ridepandaは、パートナー企業や公共部門の顧客に、従業員が福利厚生パッケージを通じて幅広い品揃えのe-bike、ペダルバイク、スクーターをリースできるターンキー・プラットフォームを提供しています。Amazon、Google、Goodwin Procter法律事務所、ローレンス・バークレー国立研究所、サンマテオ郡を含む現在のRidepandaのパートナー企業は、従業員の健康増進と定着率の向上、一人乗り車両を削減する安全で健康的なポストコロナ禍の通勤提供、有効で透明性の高いESG報告を通じて利益を得ています。

マイクロモビリティ・イノベーションの最初の波の一部として、e-bikeとスクーターの世界的な展開をリードするのを支援しながら、Ridepandaの共同設立者は、市場が共有から長期的な所有にシフトしていることを感じ取り、それを利用しようと考えました。Ridepandaは、アセット・ライト収益モデルから利益を得ており、車両寿命の間、車両1台あたりの収益を大幅に増加させています。e-bikeやスクーターは空前の需要(Bloomberg NEFによると、世界には約3億台の電動2輪車や3輪車が走っており、合計すると、全世界の電気自動車の約4倍の石油需要を代替している)を見ている一方で、モビリティリースやサブスクリプションを提供する企業は、車両オプションの多様性の欠如、サプライチェーンの制約、サービス性の低さ、ローカルサポートの欠如に苦戦しています。D2Cが実は難しいビジネスであることに気づいたRidepandaは、カスタマイズされた従業員ポータル、異なるサイズ、色、フレームバリエーションと価格帯の主要ブランドからの様々なe-bikeとスクーターブランドオプション、堅牢なデータレポーティングダッシュボードを特徴とするエンドツーエンドのソリューションを提供することにより、これらの問題を解決しています。

「Ridepandaは、雇用者のエンゲージメントと "職場復帰 "を、従業員の柔軟で持続可能な通勤オプションへの欲求と組み合わせた最大のモビリティ・プラットフォームになる原動力となっています。我々は、チームがゼロ・エミッション車へのシフトを加速させるのを支援することに興奮しています。」とBlackhorn VenturesのManaging Partnerは説明しています。

危険なバッテリーのリスクに悩まされる混雑した超小型モビリティ市場において、Ridepandaはベストプラクティスと業界標準を使用し、Specialized、Giant、Diamondback、Dahonなどの老舗ブランドや高品質メーカー、SegwayやOkaiなどの評判の良いブランドと提携することで、車両市場を吟味し、キュレーションしています。提供するすべての車両について、同社は一連の厳格な安全テストと充電管理プロトコルを採用しています。

Ridepandaは3つの立ち上げ都市で "PandaHubs "を運営し、顧客の従業員に試乗の機会を提供し、安全情報や車両の詳細情報を入手し、リース期間中必要に応じて継続的なサービスを利用できるようにしています。最近の業界の倒産は、e-bike/スクーター・メーカーにとっての保守性の重要性、独占的でない最高品質の部品へのアクセスのしやすさ、保証や修理のためにこれらの部品への容易なアクセスを保証する強力なサプライチェーンの重要性を示しています。Ridepandaのフルサービスモデルは、従業員顧客とのより緊密で長期的な関係を可能にします。

米国国勢調査局の最近の調査によると、在宅勤務率は2021年の約18%から2022年には15%に低下しました。また、通勤率は多くの地域でコロナ大流行前の75%以上に戻っており、乗用車が米国で温室効果ガス排出の最大要因となっている傾向が続いています。60%が毎日の通勤にRidepandaのような超小型モビリティソリューションを利用すると回答しており、現在の傾向を逆転させ、持続可能なモビリティオプションへと習慣を変える大きなチャンスがあります。

 

TagsMobility TechCleanTech

関連ニュース

Search

Ridepanda に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください