1. Home
  2. News
  3. B2Bコミュニケーションを革新するRossumのAIによる文書処理自動化
2023/11/11

Startup Portfolio

B2Bコミュニケーションを革新するRossumのAIによる文書処理自動化

2017年にチェコ共和国のプラハでTomáš Gogar, Petr Baudiš, そしてTomáš Tunysによって設立されたRossumは、そのIntelligent Document Processing (IDP) プラットフォームで文書処理業界に革命をもたらしています。このプラットフォームは、多くの業界の数百の企業が文書処理に活用しており、AIによる高度なデータ抽出、簡素化された検証ワークフロー、自動化機能を組み合わせて、伝統的なソリューションよりも高速に文書を処理します。Rossumは、2021年にGeneral Catalystから1億ドルの著名なシリーズA投資を獲得し、総資金は1億950万ドルに達しています。

The Recursiveとのインタビューでは、Rossumの共同創設者Petr Baudišが、ビジネスオペレーションの自動化の重要性、中央・東ヨーロッパ(CEE)地域のAIスタートアップが直面する主要な機会と課題について語りました。プログラマーであり、理論的コンピュータサイエンスと人工知能を背景に持つコンピュータサイエンス研究者であるPetrは、RossumでチーフテクノロジーオフィサーおよびチーフAIアーキテクトとして活躍しています。Rossumを共同創業する前に、Petrは深層学習研究を商業製品に変換する会社Ailaoを共同創設しました。

RossumのAI利用について、Petrは次のように述べています。Rossumは、AI駆動のプラットフォームであり、人々の時間を取り戻します。データをシートにコピー&ペーストし、最終的に報告するためにその妥当性をチェックするために何時間も費やす代わりに、今ではこれを自動化することができます。インテリジェントな文書処理は、これをはるかに高い精度、スピード、効率で行うことを意味します。また、Rossumは、文書全体の包括的なビューを顧客に提供する統合プラットフォームも提供しています。これにより、ビジネス取引ワークフロー全体の自動化が簡素化され、通常は文書の再作業が必要な場合にのみ手動介入が約10%必要です。今後12〜24ヶ月の計画については、大規模言語モデル(LLM)の分野、特にトランスフォーマーの領域での革新をリードし、業界全体の製品体験を革新することに焦点を当てています。チェコ共和国およびCEE地域のAIスタートアップの景観の進化について、Petrは以下のようなトレンドを指摘しています。学術機関の近くにクラスター化されたAIハブの出現、政府の包括的なAI戦略の欠如、学術リソースによるイノベーションの推進、中央ヨーロッパでの必要な人材の獲得の困難さ、中央ヨーロッパからのグローバルビジネスの運営の課題などです。

RossumのAIソリューションの開発と展開において、透明性と顧客との信頼が重要であり、データのセキュリティと透明なデータ取り扱いの実践、および顧客からのフィードバックを活用して製品を改善することを重視しています。

チェコ共和国とCEE地域のAI人材の現状と品質について、Petrは、この地域がエンジニアリングの専門知識には長けているが、AIセールスやビジネス開発の分野では課題があると述べています。また、CEE地域のAIスタートアップのエコシステムには、国境を越えた知識共有と協力、規制の重要な役割、スタートアップの影響力、成熟した企業のアルムナイからの貢献などが重要なトレンドとして影響を与えると予測しています。

 

TagsAI

関連ニュース

Search

Rossum に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください