1. Home
  2. News
  3. 在宅ケアと保険を提供するオールインワンのヘルスケア企業である"Devoted Health"がSeries Eで$175Mを調達
2024/01/04

Startup Portfolio

在宅ケアと保険を提供するオールインワンのヘルスケア企業である"Devoted Health"がSeries Eで$175Mを調達

Devoted Healthは、The Space Between(TSB)、Highbury Holdings、GIC、 Stardust Equity、Maverick Ventures、Fearless Venturesで構成されるリード・シンジケートが主導したSeries Eで$175Mを調達した。Andreessen Horowitz、F-Prime Capital Partners、General Catalystなども資金調達ラウンドに参加しています。

マサチューセッツ州を拠点とし、次世代のメディケア・アドバンテージ・プランとテクノロジーを駆使したDevoted Healthは、主にメディケア・アドバンテージの患者にバーチャル・ファーストのケアと保険を提供するオールインワンのヘルスケア企業で、在宅ケアも優先しています。

ToddとEdのPark兄弟によって2017年に設立されたDevotedは、"payvidor "という言葉を広めた最初の組織の1つです。同社は、メディケア・アドバンテージの保険と、同社のバーチャル・在宅ケア・プロバイダーであるDevoted Medical、および他の在宅医療プロバイダーとの提携を組み合わせることで、在宅ケアを提供しています。

同社によると、会員数は前年比で70%以上増加し、最近著しい成長を遂げており、現在、14万人以上の会員にサービスを提供しています。

2023年、Devoted Healthはサービス提供地域を拡大し、前回のメディケア年間登録期間中に13州299郡をカバーするまでになりました。

Devoted Healthの共同設立者兼CEOは、「必ずしもアクセスしやすく、ナビゲートしやすいとは言えない医療制度において、私たちDevoted Healthは、私たちが自分の家族に望むのと同じ質のケアとサービスを各会員に提供できることを大変光栄に思っています。私たちのモデルの将来性を多くの人に信じてもらえたことを大変嬉しく思っていますし、Devotedの愛と世界レベルのケアをより多くのアメリカ人に提供できることをとても楽しみにしています。」と声明で述べています。

Pitchbookによると、2023Q3のデジタルヘルス分野の資金調達は低水準で推移しており、資金調達総額は$800M、新規ディール数はわずか60件で、いずれも少なくとも2020年以降、数年来の低水準となっており、デジタルヘルス分野の案件は2020年以降減少し続けています。

Devoted Healthの$175Mという資金調達額は、どの企業よりも高い資金調達ラウンドの一つであり、2023年1月のMonogram HealthのSeries Cで調達した$375Mに次ぐものとなりました。

今回の資金調達は、Devoted Healthが米国全土にリーチを広げるため、技術、臨床、運営能力の強化に投資される予定です。

「会員が主治医から受けるケアを補完するバーチャルケアや在宅ケアを提供することで、会員が健康を維持するために必要な時に適切なケアを受けられるようにします。」と同社の広報担当者は説明します。

同社が成長するにつれ、メディケア&メディケイド・サービスセンター(CMS)からの評価は星評価の上昇という形で現れてきました。

同社によると、2023年には、星評価対象プランに加入しているDevoted会員全体の94%が、4つ星、4.5つ星、5つ星のプランに加入しています。

Devoted Healthはまた、Fortune誌の「Best Workplaces in Health Care」と「Best Workplaces for Women」のリストにも選ばれました。

 

TagsHealthTechInsurTechUnited States

関連ニュース

Search

Devoted Health に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください