1. Home
  2. News
  3. Wiliot、包装用IoTプラットフォームを発表
2024/01/20

Startup Portfolio

Wiliot、包装用IoTプラットフォームを発表

IoT(インターネット・オブ・シングス)のスタートアップ企業Wiliotは、ニューヨーク市で開催されるアメリカ全国小売連盟(NRF)のRetail’s Big Show 2024で、最新のIoT技術を披露する予定です。このAmbient IoTは、従来のIoTとRFID(無線周波数識別)技術の進化版です。WiliotのAmbient IoT可視性プラットフォームは、同社のIoTピクセル―切手サイズの自己動力型コンピュートデバイス―と、リアルタイムでデータをクラウドに送信するバッテリーフリーのスマートタグを通じて、デジタルと物理を接続します。

IoTピクセルは、包装や容器、クレートなどのあらゆる物体に取り付けられ、インターネットに接続されます。接続されると、製品は位置、温度、湿度、さらにはカーボンフットプリントに関するリアルタイムの情報を伝えます。これにより、小売業者は、サプライチェーンの性能を改善し、製品の安全を確保し、スタッフの時間を最適化するために必要なデータを得ることができます。

この技術の重要な利用法として、食品安全規制への遵守があります。このプラットフォームは、2026年1月に施行されるアメリカの食品安全近代化法(FSMA)のRule 204の報告要件を満たすために必要な、食品および冷蔵チェーン包装のトレーサビリティデータを生成します。

消費者はスマートフォンを使用して、労力のかかるスキャンを行わずに近くの在庫を受け取ることができます。小売製品に取り付けられたIoTピクセルは、アイテムの起源、構成、輸送中の温度、カーボンフットプリントなどの詳細情報を提供します。この用途は、2030年までにEUで販売される製品がデジタル製品パスポートを携行することを要求する、欧州連合の持続可能で循環型のテキスタイル戦略を考えると、ますます重要になっています。

WiliotのCFOであるRoee Zeilerは、「全ての製品について、どこでもリアルタイムでエンドツーエンドの可視性を提供することは、価格タグ以来の小売業界における最大の変革です」とコメントしています。「2023年に小売市場に登場したAmbient IoTは、技術進歩、製造スケール、実際の展開、およびエンタープライズアプリの成長するエコシステムとの統合により、2024年には急速な成長が見込まれています。」

 

TagsIoTIsrael

関連ニュース

Search

Wiliot に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください