1. Home
  2. News
  3. 政府職員向けのセキュアなコラボレーション・プラットフォームを提供する"Civic Roundtable"がSeedで$5Mを調達
2024/02/14

Startup Portfolio

政府職員向けのセキュアなコラボレーション・プラットフォームを提供する"Civic Roundtable"がSeedで$5Mを調達

Civic Roundtableは、General CatalystがリードするSeedで$5Mを調達した。

Harvard Innovation Labsから明確なVisionを持って生まれた政府職員向けのセキュアなコラボレーション・プラットフォームを提供するCivic Roundtableは、9万機関にまたがる2,200万人の政府職員が情報を共有し、組織的な記憶を構築し、最終的にホームレスの防止から自由で公正かつ安全な選挙の運営に至るまで、全員にとって重要なコミュニティの問題を解決する方法に革命を起こすことを目的にしています。

現時点では政府職員は、仕事をするために必要な情報を得るために、時代遅れのウェブサイト、不自由なプラットフォーム、騒々しいメーリングリストに頼っています。Civic Roundtableは、政府のレベルや機能を超えたリアルタイムのコミュニケーションと調整のための専用に構築された安全なツールとして際立っています。職員の高い離職率と歴史的な支出レベルの間で、政府のインフラへの投資はかつてないほど重要になっています。

今回の資金調達により、政府調整の新分野への拡大が加速され、公共部門にイノベーションと有効性を導入することに特化したミッション駆動型チームの開発と成長が可能になります。

「Civic Roundtableの使命は、より革新的で効果的な政府を実現することです。ステップ1は、最前線で活躍する人々に、成功に必要な情報とネットワークを提供することです。利害関係は大きいです。教育から交通、安全まで、地域社会の明かりを灯し続けるために日々働く人々の話です。この新たな投資は、コラボレーション分野におけるCivic Roundtableのリーダーとしての地位を証明し、ミッションクリティカルなテクノロジーを構築し、全国の政府職員に展開する我々の能力を後押しするものです。」と同社の共同創業者兼CEOは説明します。

主に元政府職員とMark43のベテランで構成される創業チームは、公共部門全体で働き、政府向けにハイテクを展開する複雑さを乗り越えてきた、合わせて数十年の経験を持っています。Civic Roundtableの共同創業者は、「私たちがCivic Roundtableを立ち上げたのは、ハイテクが公共部門にインパクトを与える素晴らしい機会を目の当たりにしたからです。私たちは、使命感に燃える技術者のチームを作り続けたいと考えており、今回の資金援助はそれを可能にするものです。」と説明します。

Civic Roundtableの初期の顧客であるThe Housing CollectiveのChief Initiative Officerは、「ホームレス防止分野におけるこのプラットフォームの役割を高く評価しています。Civic Roundtableは、機関間の調整方法に革命をもたらしました。Civic Roundtableは単なるプラットフォームではなく、ホームレス撲滅に献身する人々をつなぎ、力を与えるライフラインなのです。強化されたコミュニケーションとリソースの共有は、私たちにとって画期的なことであり、私たちがサービスを提供する人々の生活に真の変化をもたらしています」と説明します。

今回の資金調達は、ホームレス支援、経済開発、選挙管理、サイバーセキュリティの各分野における初期の牽引力を土台に、Civic Roundtable成長と影響力を促進するものです。2023年に最初の製品を発表して以来、チームは500以上の政府機関を代表する5,000人のユーザーを獲得しました。このプラットフォームの革新的なアプローチは、政府職員のコミュニケーション、洞察の共有、解決策の実行方法に革命をもたらし、最終的には公共問題解決のための新しいオペレーティング・システムを生み出しています。

 

TagsGovtechUnited StatesCloudSaaS

関連ニュース

Search

Civic Roundtable に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください