1. Home
  2. News
  3. Bitcoin DeFiアプリSovrynが、Ethereumへの拡張を発表
2024/03/17

Startup Portfolio

Bitcoin DeFiアプリSovrynが、Ethereumへの拡張を発表

Bitcoin DeFiアプリSovrynは、ハイブリッドレイヤー2ネットワーク開発者のBuild on Bitcoinの協力を得て、Ethereumブロックチェーンへと拡張していることを、両社が発表しました。Sovrynは2020年末に立ち上げられた分散型プラットフォームで、Bitcoinエコシステム内でスマートコントラクトを通じた貸し付け、借入、マージントレーディングを提供しています。スマートコントラクトの作成を可能にするBitcoinサイドチェーンRootstock (RSK)上にDAOとして構築されたSovrynは、Bitcoinに高度なDeFi機能を追加するための作業を進めてきました。Build on Bitcoin上でSovrynが最初に立ち上げるプロジェクトは、Dex 2.0と呼ばれる分散型取引所(DEX)です。このプロジェクトは、Uniswapなどの競合よりも低いガス料金と高速な取引を実現し、「比類のない資本効率」を提供すると主張しています。

Build on Bitcoinの共同創設者であるAlexei Zamyatin氏はDecryptに対し、次のように述べています。「私たちはSovrynを長い間知っており、彼らはBitcoin領域での初期のDeFi作業を牽引してきた。Build on Bitcoinの作業を始めたとき、彼らがSovrynエコシステムを拡張しようとしている興奮を共有し、彼らが直面していた困難について学ぼうと、最初に電話をかけたのはEganでした。」

レイヤー2プロトコルは、主要ネットワークと連携して動作する二次チェーンを作成することで、ブロックチェーンの混雑を軽減するよう設計された技術を指します。例えば、Lightning NetworkはBitcoinのレイヤー2マイクロペイメントプロトコルです。他のレイヤー2の例には、EthereumのArbitrumやOptimismがあります。

Zamyatin氏は、次のように述べています。「Build on Bitcoinを使えば、350[Ethereum Virtual Machine]ウォレットを使用できます。一般の人にとっては、ほとんどどのウォレットも選択できることを意味し、Bitcoin専用である必要はなく、UTXOsを扱う必要もありません。これにより、全体がよりユーザーフレンドリーになります。」Sovrynは1月にBitcoinOSを立ち上げ、「sovrynロールアップ」を使用してBitcoin上で分散型アプリ(dapps)の基礎層を作成しました。Zamyatin氏によると、SovrynのDex 2.0では、ユーザーはユーザーインターフェースを介してBOB Ethereumレイヤー2プロトコルなどの異なるネットワークを選択でき、選択プロセスはUniswapでEthereum、Optimism、Arbitrumの間を選択するのに似ています。DeFiをBitcoinに持ち込むことに焦点を当てている開発者たちについて尋ねられたとき、Zamyatin氏はBitcoinの信頼性が理由だと述べました。「Bitcoinは、Web3エコシステム全体のバックボーンです。Bitcoinが落ちれば、他のすべても落ちます。他のすべてが壊れてもBitcoinはまだ存在します」と彼は言いました。「それがBitcoinの主な特性の一つです。安定していて堅牢です。Bitcoinは予測可能です。」OrdinalやBitcoin ETFの承認などのプロジェクトから市場資本化でナンバーワンのブロックチェーンに対する関心が再燃している中、Zamyatin氏はBitcoin開発の未来に楽観的です。

 

TagsWeb3

関連ニュース

Search

Sovryn に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください