1. Home
  2. News
  3. C2A SecurityのEVSecリスク管理・自動化プラットフォームが自動車業界で浸透
2024/03/29

Startup Portfolio

C2A SecurityのEVSecリスク管理・自動化プラットフォームが自動車業界で浸透

2023年だけでも、C2A Securityは10社以上の顧客およびパートナーと商用契約を締結し、そのうちの1社である欧州の商用車メーカーとは長期的なエンタープライズ契約を結んでいます。2024年は自動車業界にとって、サイバーセキュリティ規制の重要な年となります。国連規則第155号が完全施行されるためです。C2A Securityの「EVSec」リスクドリブンのプロダクトセキュリティプラットフォームにより、開発者は創造的な機能に集中し、ソフトウェアとオペレーションを自動的に大規模に管理できます。EVSecは古くさい手作業のプロセスを自動化し、チーム、顧客、サプライチェーン間のクロス機能共有と協業を可能にしながら、デジタルツインの機能を提供します。さらにEVSecは、アジャイル開発の一環として、製品運用と脆弱性からのフィードバックを継続的に取り入れ、開発とデザインを改善します。

2023年にC2A Securityは、BMWグループ、ダイムラートラックAG、マレリ、NTTデータ、シーメンス、バレオなど、複数のOEMおよびTier1サプライヤーを顧客、評価対象、パートナーとしてポートフォリオに加えました。  C2A Securityとの協業により、顧客は規制順守に適用される基準とベストプラクティスをサポートされます。EVSecは、ISO/SAE 21434や国連規則第155号などの関連規制や基準をマッピングおよび自動化し、コンプライアンス作業を簡素化します。これは、企業が新しい車両の開拓、革新的な電気自動車の開発、それらを支えるEVインフラの計画を進める中で、事業の成功に不可欠です。

C2A SecurityのCEO、Roy Fridmanは次のように述べています。「ダイムラートラックAGのような企業がEVSecをプロダクトセキュリティプラットフォームとして選択したことを嬉しく思います。現在および新興の規制要求、大規模ソフトウェア開発、全般的な製品セキュリティオペレーションに対応することは、自動化されていなければ企業の事業継続の制約になる可能性があります。2023年の年末には、人気車種がEU規制に適合できず販売を停止した一級メーカーがいました。競争力を保つには、開発とオペレーションの両面で先進的な製品セキュリティ自動化を活用する必要があり、私たちはそのゴールの達成をサポートできることを喜んでいます。」

C2A Securityについて
C2A Securityは、自動車メーカー、Tier1サプライヤー、モビリティ企業のニーズに特化した、唯一のリスクドリブンDevSecOpsプラットフォームベンダーです。2016年に設立され、顧客およびテクノロジーパートナーには、ダイムラートラックAG、BMWグループ、シーメンス、バレオ、ThunderSoft、マレリ、NTTデータ、Evvo Labsなどの一流グローバル企業が名を連ねています。C2A Securityは、高度なセキュリティ自動化とコンプライアンスによってサイバーセキュリティを企業全体の制約から事業価値の増幅要因へと変革し、ソフトウェアリリース期間の短縮とコスト削減を実現します。当社のビジョンは、製品セキュリティをシームレス、自動化、透過的なプロセスへと変革し、自動車ソフトウェア製品とリソースの管理におけるデプロイ期間とコストを削減することです。C2A Securityは、NDS/Ciスコの元幹部であるMichael Dickが創業し、本社はイスラエル・エルサレムに拠点を置いています。

 

TagsCyber SecurityAutoTechIsrael

関連ニュース

Search

C2A Security に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください