1. Home
  2. News
  3. AutoTechのNODARが、新機能「SwathGuidance」を発表し、農業車両の自動走行能力を強化
2024/04/04

Startup Portfolio

AutoTechのNODARが、新機能「SwathGuidance」を発表し、農業車両の自動走行能力を強化

自動運転車両向け先進ステレオビジョン技術を提供するNODARが、新機能「SwathGuidance」を発表しました。この機能により、農業車両に自動走行能力が付与されます。

SwathGuidanceは、カメラとソフトウェアを使って、材質、形状、体積を問わず、高さ10cm以上、距離60m以内の穂を検出・追跡できます。NODAR の高度なステレオビジョン技術により、起伏のある地形でも3D点群データを高精度に取得できるため、この課題を解決しています。3Dデータを処理し、農地の上空からの簡易ビューを生成することで、穂の位置を特定します。車載の認識・ルーティングアプリは、NODARのAgriViewビジョンシステムの精度と範囲を活用し、自動で穂に沿って走行できます。

NODARのCEOは「ステレオビジョン技術により、過酷な環境下でも高精度な3D認識が可能になり、農業の自動化が進む」と述べています。SwathGuidanceにより、農家は時間を生産的に使え、作業効率も向上します。

AgriViewは、自動運転農業車両向けの革新的な3Dセンシングソリューションです。自動走行、ノズル位置合わせ、散布機の制御に加え、今回の穂追従機能により、農業自動化をさらに推進します。SwathGuidanceの発表により、NODARは農業分野への取り組みを一層強化しています。既存および新規の農業機械への簡単な統合を実現するよう、設計されています。


NODARについて
NODARは、カメラベースの3Dビジョン技術のリーディングプロバイダであり、ADASや自律走行車の開発において重要なコンポーネントであり、自動車市場に安全性、高度なパフォーマンス、コスト効率をもたらします。NODARのHammerheadと呼ばれる受賞歴のある3Dビジョンプラットフォームは、信頼性の高い超高精度リアルタイム3Dセンシングを超長距離(最大1000メートル)で実現し、カメラ技術の価格帯でライダーよりも優れた3Dデータを提供します。NODARは独自に長距離、高密度、高フレームレートの3DデータをAVに提供し、10cmから150mまでのあらゆる物体を検出することができます。NODAR Hammerheadは現在、統合が可能で、前方衝突警告、進路計画、自動緊急ブレーキ、渋滞アシスト、VRU検出、パーキングバレーに理想的なソリューションを提供しています。NODARは2018年に設立され、New Enterprise Associates(NEA)とRhapsody Venture Partnersの支援を受けています。

 

TagsAutoTechUnited States

関連ニュース

Search

NODAR に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください