1. Home
  2. News
  3. Snowflake VenturesがMetaplaneに出資し、Data Cloudにおけるデータの信頼性を確保
2024/05/20

Startup Portfolio

Snowflake VenturesがMetaplaneに出資し、Data Cloudにおけるデータの信頼性を確保

主要なデータ可観測性プラットフォームであるMetaplaneは、Snowflakeとの共同顧客の急増、戦略的な製品開発、そして数か月前のFelicis Ventures主導のシリーズA資金調達に続き、Snowflake Venturesからの出資を発表しました。これによりMetaplaneの過去2年間での総調達額は2,300万ドル超となり、Khosla Ventures、Flybridge、YCombinator、Stage 2 Capital、B37、SNRからも出資を受けています。

Metaplaneは、データチームの時間を節約し、データへの信頼を維持することを目的に設立されました。同社のデータ可観測性プラットフォームは、独自のML技術を用いた異常検知、インシデント管理を容易にするエンドツーエンドのカラムレベルのリニージ、インシデント発生前の予防ツールにより、データ品質の問題を事前に検知します。

共同顧客には、Ramp、Klaviyo、ClickUpなどの急成長スタートアップや、Bose、Sotheby'sなどの大手企業が名を連ねています。分析、ML/AI、アプリケーション開発にSnowflakeのData Cloudを選ぶユーザーが増える中、信頼できる高品質データの確保ニーズは従来にも増して高まっています。

Metaplaneの最高経営責任者KevinHuは「iPhoneのようにSnowflakeは可能性を切り開く技術です。企業がデータ品質チェックにSQLスクリプトを使ってきた数十年の間、Snowflakeはデータの状態を継続的に可視化することを可能にしました。データ可観測性カテゴリーを生み出したのみならず、その発展の中心的なパートナーでもありました」と述べています。

「しかし、これはほんの始まりに過ぎません。Snowflakeがデータ、アプリ、AIの分野で業界をリードし続ける中、信頼できるデータへのニーズはさらに高まるでしょう。今回の出資は、既存のMetaplaneサービスとSnowflake Native Appの両方で最高級の統合を実現するという私たちのコミットメントを支えるものです。SnowflakeがデータプラットフォームのiPhoneだとすれば、Metaplaneはシームレスに統合され、組み合わせて最高の価値を発揮するAirPodsのようなものです」

Snowflake Data Cloud統合に関するMetaplaneの短期的な製品ロードマップには、Tasks、Streams、Secure Data Share、Snowpipe、Snowpark、Snowflake Native Apps、Snowflake内のStreamlit、Snowpark Container Servicesなど、Snowflakeの機能へのサポートが含まれます。これらの統合により、データエンジニアリング、コラボレーション、アプリケーション開発、AI/MLなど最も重要なワークロードを顧客に提供できます。

Snowflakeのオブザーバビリティ担当シニアプロダクトマネージャーAshwin Kamathは「Snowflakeの顧客は、Snowpark、Dynamic Tables、Snowflake Native Appフレームワークなど、Data Cloudの革新的な機能を活用することで、データの可能性を広げ続けています。Metaplaneは、これらの取り組みに不可欠な高品質データを確保するのに役立つため、出資を決めました。優れたチームと技術的な適合性に加え、Metaplaneとの連携に対する共同顧客からの評価が非常に高いことも大きな理由です」と語っています。


Metaplaneについて
Metaplaneは、企業がビジネスを支えるデータを信頼できるようにします。同社の最高級データ可観測性プラットフォームは、データウェアハウスを監視し、データ品質の問題が発生した際に検知し、インシデントが発生する前に予防するのに役立ちます。これにより、Metaplaneは高額なミスを回避し、データチームのデバッグ時間を節約し、ダウンストリームのユーザーや顧客に影響が及ぶ前に問題を修正します。

 

TagsBig DataUnited States

関連ニュース

Search

Metaplane に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください