1. Home
  2. News
  3. Lacework、リソースインベントリに関する継続的な可視性機能を発表し、企業にリアルタイムの洞察力を提供
2024/06/12

Startup Portfolio

Lacework、リソースインベントリに関する継続的な可視性機能を発表し、企業にリアルタイムの洞察力を提供

データ主導のセキュリティ企業Laceworkは、Continuous Threat Exposure Management(CTEM)を主眼に置いたプラットフォームの可視性強化の一連の更新を発表しました。同社は最新機能をAWS re:Inforceで公開し、CTEMと次世代コードセキュリティの分野での先駆者としての地位を一層確立しました。これらの進化により、クラウドネイティブアプリケーションに対して継続的な可視性、リアルタイムの脅威検知、スムーズな脆弱性管理が実現します。

Continuous Threat Exposure Management(CTEM)
LaceworkプラットフォームのCTEM機能は、イベント駆動型のアーキテクチャを備え、クラウドリソースに対する継続的な可視性を提供します。この最先端の技術により、セキュリティチームはリスクをリアルタイムで検知・管理でき、平均修正時間を短縮し、全体的なセキュリティポスチャを強化できます。

CTEMによる安全なイノベーションの実現
「クラウドセキュリティに関しては、ポイントソリューションではなく、プラットフォームソリューションを中心に据えています。Laceworkは、組織が最高水準のセキュリティを維持しながら、迅速にイノベーションを実現できるよう支援することにコミットしています」とLaceworkのプロダクトバイスプレジデントAdam Leftikは述べています。「CTEMと強化されたコードセキュリティ機能は、相互に補完し合い、セキュリティ脅威の全体像を提供することで、チームが迅速かつ的確に対応できるよう設計されています。」


Laceworkについて
Laceworkは、組織がクラウド上で安全にイノベーションを実現できるよう支援します。クラウドセキュリティには根本的に新しいアプローチが必要であり、Laceworkプラットフォームは、組織のクラウド環境全体におけるコード、ID、コンテナ、マルチクラウドインフラストラクチャなど、クラウドデータの量、多様性、速度に対応できるよう設計されています。LaceworkだけがセキュリティチームとDevチームに、最大のリスクと最も重要な数件のセキュリティイベントを特定する、相関関係のある優先順位付けされたエンドツーエンドのビューを提供します。Laceworkは、CTEMとコードセキュリティの強化により、クラウドネイティブ環境におけるリソースの継続的な可視化と脅威検知を実現し、セキュリティポスチャの改善を支援しています。企業はこれらの機能を活用することで、イノベーションとセキュリティのバランスを取ることができるでしょう。

 

TagsCyber SecurityUnited States

関連ニュース

Search

Lacework に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください