イスラエルのテックエコシステムは世界第3位

2021-06-30

General

StartupBlinkが毎年発表している「Startup Ecosystem Index Report」で、イスラエルのスタートアップエコシステムが世界第3位にランクインしました。昨年の100カ国中の順位と同じですが、イスラエルのポイントは今年の方が高かったと、ハイファに拠点を置く研究センターは述べています。米国は、StartupBlinkが各国の技術エコシステムの規模、質、ビジネスのしやすさを評価した指数で124.2点を獲得し、大差で1位となりました。2位は英国で28.7点、3位はイスラエルで27.7点でした。 

 

昨年は、英国が3位のイスラエルを比較的大きくリードしていましたが、現在はその差が大幅に縮まり、英国とイスラエルの合計スコアはほぼ同じになっています。2017年以来初めて、Brexitが英国のエコシステムに何らかのマイナスの影響を与えており、近い将来、イスラエルが2位に躍り出る可能性を示唆しています。イスラエルの成功は、質と量のスコアが非常に高いことに起因しています。最も注目すべきは、2021年にイスラエルが品質スコアで英国を追い抜き、米国に次いで2位になったことです。また、イスラエルは、「ハードウェア&IoT」、「ヘルス・テクノロジー」、「ソフトウェア&データ」の各業界で世界第2位となり、「エネルギー&環境テクノロジー」、「マーケティング&セールス・テクノロジー」、「ソーシャル&レジャー・テクノロジー」では世界トップ5にランクインしています。

 

世界の1,000都市の中で、テルアビブは、サンフランシスコ、ニューヨーク、北京、ロサンゼルス、ロンドン、ボストン、上海に次いで第8位でした。Jerusalemは世界第54位。Haifaは119位、Beershebaは238位でした。しかし、このレポートでは、下位に位置するいくつかの都市に注目しています。国内5位、世界284位のYokne'amは、イスラエルの他の都市から比較的離れた小さな町で、税制上の優遇措置を受け、それを費用対効果の高い方法で利用して強力な拠点を作り、活気あるテックパークでユニコーンを生み出した、特に刺激的な事例です。
国内6位、世界459位のAshdodは、テルアビブのようなハブに比較的近い位置にありながら、生活費面での優位性を考慮すると強力なシードエコシステムを構築することが可能であることを示しています。国内7位、世界474位のEilatは、アグロツーリズムに主眼を置いたエコシステムの素晴らしい例で、紅海のほとりの砂漠の奥深く、他のイスラエルの都市から離れた場所に興味深い拠点を作ることに成功しています。さらに下位には、新たに4つのイスラエルの都市がランクインしました。Nazarethは508位、Caesareaは521位、Modi’in-Maccabim-Reutは627位、Nahariyaは914位でした。

 

Tags: Israel