BioProtect : 癌の放射線治療時に有害な放射線の影響を防ぐ

2021-07-10

Startup Portfolio

厚生労働省の統計データでは、日本人の死因は、1位:癌(29%)、2位:心疾患(15%)、3位:肺炎(9%)となっており、高い確率で疾患する可能性のある病気です。がん治療の3本柱は、放射線治療、手術、化学療法があります。放射線治療は、体の機能を保ちながら治療ができ、身体的、精神的な負担を軽減できるため、体力的に手術の難しい高齢の患者や他の病気などで治療が行えない患者にとって有効な選択肢となっています。しかし、放射線治療では、がん周辺の正常細胞にも放射線が当たり、許容範囲を超えると正常細胞も弱ってしまうという影響があります。今回は、この課題に取り組むイスラエルのスタートアップBioProtectを取り上げます。


■スタートアップ名:BioProtect
■サイト:https://bioprotect.com/
■分野:Health Care


■ソリューション:国際的な医療機器スタートアップ。がん放射線治療時に正常組織を保護するための生分解性バルーンの独自の技術プラットフォームを開発。放射線腫瘍学的保護のためのスペーサー、審美性、一般外科手術など、幅広い臨床応用に適用可能


■ポイント:
・前立腺癌の放射線治療を受ける患者の健康な組織を保護するためのスペーサーとして機能するBioProtect/ProSpaceバルーンシステムを開発し、前立腺がんの放射線治療時の直腸の保護に優れた有効性と安全性を示す
・ProSpaceバルーンスペーサー(CEマーク取得済)は、欧州で市販されており、米国ではFDAの規制当局による承認に先立ち臨床試験中
・バルーンは生体吸収性ポリマーで作られており、任意の形状と形状で製造可能
・バルーンは、放射線照射期間中、体内でその大きさと形状を維持し、治療の過程で自然に生分解
・スペーサーは、放射線標的領域に隣接し、意図しない高線量放射線に曝される危険性のある臓器および健康な組織を保護するために使用
・BioProtectのスペーサーには、子宮頸がんと膵臓がんの放射線治療からの健康な組織の保護、乳がんと肺がんの治療における心臓の保護など、追加の潜在的な用途
・放射線治療の間隔やその他の臨床的ニーズに関して、主要な医師との協議のもとに開発された強力な製品パイプライン保有
・成長を続ける放射線治療用スペーサー市場に注力
・ドイツと米国に子会社あり

 

Tags: Healthcare | HealthTech | Israel

話をする

BioProtect に興味がありますか?彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

関連ニュース