Classiq Technologies : 技術革新本命の量子コンピューティング向けアルゴリズム

2021-07-10

Startup Portfolio

数十年に1度、大きな技術的ブレークスルーにより、イノベーションが加速します。近年、注目を浴びている分野に量子コンピュータがあります。現行の汎用的なノイマン型に比べ、計算速度はスーパーコンピュータの数億倍以上にもなると言われており、因数分解を基にしたセキュリティのアルゴリズムなど、広域な範囲で大きな影響を与えることが容易に想像できます。量子コンピュータの方式は2つあり、組み合わせ最適問題に特化した「量子アニーリング方式」や1ステップずつプログラミングする「量子ゲート方式(量子回路方式)」などですが、いずれも汎用的な利用は難しく、当面はノイマン型と共存して利用されていくことが予測されています。今回は、ゲート方式の設計の課題解決を目指すイスラエルのスタートアップ「Classiq Technologies」を取り上げます。


量子アルゴリズムの開発
■スタートアップ名:Classiq Technologies
■サイト:https://www.classiq.io/
■分野:Quantum Computing


■ソリューション:
 抽象度を高め、開発者は具体的なゲートレベルの量子回路を設計することなく、アイデアやコンセプトを実装する量子ソフトウェアスタックの新しいレイヤーを開発


■ポイント:
・量子コンピューティング開発における複雑な課題に取り組み、複雑な量子ロジックのギャップを解消
・量子アルゴリズムデザインは、量子ソフトウェアの開発を妨げていた抽象化層を提供
・確率分布、サブサーキットの演算、エンタングルメントなどの特性を微調整することが可能
・最大ゲート数,回路全体の深さ,エンタングルメントの最小・最大レベルなどの制約条件を設定可能
・4名がタルピオット卒業生、2名が量子物理学および量子情報学の博士号を取得

 

Tags: DeepTech | Israel | Technology

話をする

Classiq Technologies に興味がありますか?彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

関連ニュース