イスラエルの医療スタートアップ企業であるNanoVation社に500万ユーロを投資

2021-07-11

Startup

ヨーロッパ・イノベーション・カウンシル(EIC)ファンドが、NanoVation社に500万ユーロを投資すると発表しました。 NanoVation社は、患者の呼吸や肺機能を遠隔で監視する新しい呼吸監視技術を開発している医療機器メーカーです。この投資は、影響力の大きい新興企業や小規模企業を特定して支援し、画期的な技術の拡大を支援するというEICの戦略の一環です。

EICの声明によると、今回の投資は、NanoVation社の高精度呼吸モニターの開発を加速させ、EU域内での初期マーケティング活動を開始するのにも役立ちます。NanoVation社は、EICから助成金と株式投資の両方を受けた最初のイスラエル企業です。今回の投資は、NanoVation社の画期的な製品と、呼吸器モニタリングや慢性疾患の遠隔管理の分野に大きな影響を与える可能性があるというEICの信頼を裏付けるものです。

Haifaを拠点とする同社は、独自のナノセンサー技術をベースに、呼吸器モニター「SenseGuard™」を開発しています。SenseGuardは、患者の呼吸をスポット的にチェックしたり、継続的にモニタリングしたりするためのウェアラブルなワイヤレスソリューションで、さまざまな呼吸器疾患や慢性疾患の遠隔モニタリングや管理を目的としています。SenseGuardは、様々な呼吸器疾患や慢性疾患の遠隔モニタリングや管理を目的としており、呼吸器疾患の増悪に気づかずに入院するケースを減らすことで、コスト削減、患者の安全性や生活の質の向上を実現します。また、医療従事者のタイムリーで効率的な判断や行動をサポートするデータを提供することで、患者の入院期間を短縮し、自宅での継続的なモニタリングにより早期退院を可能にします。

本製品は、すでに臨床試験を経て、CEマーキングを取得しています。SenseGuardは、患者の通常の呼吸を分析することで、肺の健康、肺機能、病気の伝播など、臨床的に有用な情報を提供することができるという。この測定はシンプルでわかりやすく、患者に不快なストレスを与える呼吸操作を必要としません。また、正しい実行と信頼できる結果を保証するために、臨床専門家の監督と指導を必要としません。これにより、患者は自宅で装置を使用し、毎日の測定を自分で行うことができます。

Tags: MediTech | Israel