イスラエルのスタートアップは、1月から6月にかけて過去最高の119億ドルを調達

2021-07-15

General

menu

 

イスラエルのIVC-Meitar Tech Reviewによると、イスラエルの企業は2021年上半期に過去最高の119億ドルを調達し、2020年に調達した103億ドルの総額を上回りました。上半期の調達額の約50%を、それぞれ1億ドル以上の38件の投資が占めました。5,000万ドル以上が79件の案件に投資されましたが、このような取引は2020年には47件、2019年には39件でした。

 

2021年の第2四半期には、230件の取引が完了し、投資額は過去最高の65億2,000万ドルに達しました。2021年上半期に完了した取引件数は、2020年に完了した全取引の66%に相当します。資本の大部分は、フィンテックとサイバーセキュリティの垂直軸の企業に向けて流れました。サイバーセキュリティ企業は、2021年上半期に29億ドルを調達し、この期間の調達額全体のほぼ25%を占めました。フィンテックでは、前年同期の26件に対し、57件の投資がありました。

 

2021年上半期にIPOを完了したイスラエル企業は過去最高の48社で、総額84億2,000万ドルを調達しました。そのうち35件がテルアビブ証券取引所(TASE)で行われ、全体の12%に当たる約10億ドルを占めました。これは、TASEが一定の評価額のテクノロジー企業にとって、有効な上場プラットフォームとなっていることを示していると指摘しています。

 

上半期に米国で公開された企業は、IPOとSPACの合併を合わせて12社、総額74億1,000万ドル、株式時価総額は579億ドルに達しました。海外では、7件のSPAC合併により、総額24億1,000万ドルの資金調達が行われました。

 

2021年上半期のハイテクM&A案件は約40億ドルで、2020年と同程度の割合であった。3つの大きな買収は、MyHeritageがFrancisco Partnersに6億ドルで買収されたこと、ProsperaがValmontに買収されたこと、VDOOがJFrogに買収されたことで、1件あたり3億ドルとなりました。

 

Meitar社のパートナーであるMike Rimon氏は、次のように述べています。「2013年から2014年にかけて、これほど短期間にイスラエルのハイテク企業が大量に上場したことはありませんでした。特に米国で公開された企業は、非常に高い評価額でIPOを完了し、ほとんどの企業がIPO後に評価額を引き上げました。この傾向は、2021年前半に比べて緩やかになる可能性はあるものの、近い将来にも続くと予想しています。SPACとの合併は、特に、米国とイスラエルの規制当局がこのような取引に懸念を抱いていることや、2021年第1四半期の「伝統的な」IPOに比べて大幅に低かった脱SPAC後の企業のパフォーマンスを考慮して検討されます。Startup Nationは、スケールアップ国家を目指しています。

 

Meitar社のパートナーであるItay Frishman氏は次のように述べています。「イスラエルの企業は、シリコンバレーの対応企業と同じようにしようとしています。ユニコーン企業は、上場した企業も含めて、その高い評価に値することを証明しなければなりません。最近まで、イスラエルのほとんどの企業は、夢や約束に基づいて販売されたり評価されたりしていました。今日、イスラエルのハイテク市場は次の段階に進む準備ができています。最終的な結果は、今後数年間で試される。言葉は紙の上にとどまり、市場は収益と継続的な加速成長に焦点を当てることになるでしょう。私たちが見ているものが本物かどうかは、未来が決めることです」

Tags: Israel