イスラエルのAIベースの学習スタートアップMagniLearnがマイクロソフトに選ばれ、教育にインパクトを与える

2021-07-20

Startup

イスラエル、韓国、日本の公立・私立学校のネットワークとの取引を終えたエルサレムのヘブライ大学のAI研究者が設立したEdTechスタートアップMagniLearnは、イスラエルのMicrosoftが実施するAI for Good Acceleration Programにおいて、EdTech分野で最も有望なスタートアップイノベーションとして選ばれました。

 

 

MagniLearnは、スマートな学習のための最先端のアルゴリズムを使用しており、まず学校で外国語としての英語を教えることに焦点を当てています。しかし、そのアルゴリズムは、言葉やトピックに基づいているあらゆる科目を教えることができます。今回の受賞について、Microsoft for Startupsのイスラエル&グローバル・インダストリー・リードであるRaz Bachar氏は、次のように述べています。「MagniLearnがAIと自然言語処理を使用して、生徒の個人的なレベルやニーズに応じてレッスンをパーソナライズしていることに感銘を受けました。これは、AIが世界をより良く変えることができることを示す、もう一つの例です。」

MagniLearnのCEOであるLana Tockus氏は、次のように述べています。「MagniLearnのアルゴリズムは、各生徒の強みと弱みを見極め、次のレッスンをその生徒だけに合わせて自動的に行います。MagniLearnは、生徒が何を知っているのか、何について指導が必要なのかを評価し、次のレベルに加速させるために生徒の母国語でどのようにフィードバックを表現するのが最適なのか、十分な言語認識を構築することに成功しました」

マイクロソフトによると、The AI for Good Acceleration Programは、目的を持ったベンチャー企業が、社会にポジティブな変革をもたらすためのAIソリューションを進めることを支援します。また、MagniLearnは、技術、コネクション、助成金でスタートアップを支援するグローバルなMicrosoft Social Entrepreneurshipプログラムに組み込まれたことを活用して、より多くのソーシャルインパクト投資家にリーチすることを目指しています。 マイクロソフトの目標は、世界をより良い場所にするための変革的なビジョンを持ち、AIの力を活用して世界をより良い方向に変えようとしている有望なスタートアップ企業を促進することです。

Labs/02のCEOであり、イスラエルで最も活発なVCであるOurCrowdのジェネラルパートナーであるMoshe Raines氏は、次のように述べています。「フォーチュン500企業との戦略的関係を築くことは常に素晴らしい兆候ですが、マイクロソフトとの協力は、優れたEdTech企業がグローバル市場に進出するためにまさに必要なものです。マイクロソフトの信頼と指導は、MagniLearnが世界的に大きな影響力を持つための原動力となるでしょう」

MagniLearnが選ばれたのは、その技術的なブレークスルーはもちろんのこと、世界各国の学生の人生の成果を飛躍的に向上させる可能性があること、また、英語力の向上が社会的流動性やグローバル市場でのコラボレーションに変革をもたらす可能性があることが理由です。

 

Tags: EdTech | Israel