慢性疾患のためのエンゲージメント・プラットフォーム開発のSweetchが2000万ドルのシリーズAラウンドの資金調達

2021-07-21

Startup Portfolio

慢性疾患のためのエンゲージメント・プラットフォームを開発しているSweetch社は、2000万ドルのシリーズAラウンドの資金調達を完了しました。今回の資金調達は、同社のグローバル展開の継続と、人工知能(AI)と感情知能(EI)を用いた行動科学技術のさらなる発展に向けたもので、適切なメッセージを適切なトーン、時間、現実世界の文脈で提供することで、個人の健康目標の達成に貢献させる計画です。

 

今回のシリーズAは、Entrée Capitalが主導しました。また、Tal Capital、オランダを拠点とするインパクト投資家のNoaber、ブラジルを拠点とするKortex Ventures、Insurtech VCのFinTLV Venturesのほか、既存の投資家であるPhilips、OurCrowd、Qure Venturesが参加しました。

 

Entrée CapitalのベンチャーパートナーであるDoron Dinstein博士は、次のように述べています。「米国の医療費の90%は、人口の50%を占める慢性疾患に起因しています。より良い医療を低コストで提供するためには、スケーラブルなソリューションが必要です。この一見矛盾した発言は、Sweetchのようなテクノロジーによって実現することができます。Sweetchのデジタル治療プラットフォームは、持続的な行動変容をもたらし、人々の生活に大きな影響を与えることがわかっています。私たちは、この会社が医療の経済性を根本的に改善すると考えています。」

 

Sweetchのモバイル介入プログラムは、慢性疾患管理の様々な側面において、持続的な関与と臨床結果の改善を達成する方法として、世界中で使用されています。ジョンズ・ホプキンス大学の内分泌・糖尿病・代謝内科で行われた臨床試験では、Sweetchの完全自動化された介入プログラムは、86%の継続率を達成し、初期段階の糖尿病患者に対して、血糖値を表す糖尿病バイオマーカーであるHbA1c値の低下など、臨床結果を大幅に改善しました。

 

Sweetch社は、疾病管理の様々な側面において患者のアドヒアランスを向上させ、慢性疾患を持つ人々の臨床転帰を改善するために、パーソナライズされたスケーラブルでコスト効率の高いソリューションを提供しています。同社のJITAI技術は、個人のスマートフォンやその他の接続機器から得られる何百万ものデータを、個人に合わせた推奨事項に変換し、日常生活の中で行動を変えるきっかけを提供します。JITAIの技術は、循環代謝疾患、自己免疫疾患、腫瘍など、さまざまな慢性疾患に応用できます。

 

Sweetch社のCEOであるYoni Nevo氏は次のように述べています。「私たちは、慢性疾患を持つすべての人が、それぞれの健康上の旅のすべての段階において、マイクロ目標を達成するために、信頼できる声を持つべきだと考えています。急速に発展するリモートヘルスの時代には、製薬会社、機器メーカー、医療費支払者、医療提供者、そして個々の患者さんとの効果的な継続的関係という重要な要素が欠けています。Sweetchは、慢性疾患を克服するために、この欠けていた重要な機能を大規模に提供します。」

 

Tags: MediTech | Big Data | AI | Israel | HealthTech

話をする

Sweetch に興味がありますか?彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

関連ニュース