Aporiaが、責任あるAIの拡張可能なセルフサービス・モニタリング・プラットフォームの提供を開始

2021-09-16

Startup Portfolio

カスタマイズ可能なMLモニタリング・プラットフォームを開発するAporiaは、機械学習のための初のセルフサービス・モニタリング・プラットフォームを無料で公開したことを発表しました。Aporiaの新しいセルフサービス製品は、データサイエンティストやMLエンジニアが、データドリフト、予期せぬバイアス、パフォーマンス低下などの問題を早期に検出するためのモニタリングロジックの実装を開始し、プラットフォームに入ってから数分以内に自分のMLモデルのための独自のモニタリングシステムを構築することを可能にします。この新しいセルフサービス製品をリリースした理由は、APIファーストのアプローチにより、完全にカスタマイズ可能で拡張性のあるプラットフォームを実現するためです。

 

AporiaのCEOであるLiran Hason氏は、次のように述べています。「当社の新しいセルフサービス製品は、手間をかけずに完全な透明性を提供するビルドイットユアセルフのオプションです。運用中のMLモデルを完全にコントロールすることができ、カスタマイズ可能な独自の監視ソリューションを構築して問題を早期に発見することができます。全く新しいセルフサービスのモニタリングシステムを展開するもう一つの理由は、今日のAI市場における既存製品の現状を悩ませている共通の問題に対処するためです。モデル・モニタリング・プラットフォームを探す際のデジタル体験は、しばしば混乱を招き、誤解を招くことがあり、ユーザーは製品を試す機会を得る前に複雑な販売プロセスを経ることになります。ユーザーにとっては、提供されているソリューションの実際の機能について、多くのグレーゾーンと不確実性が生じます。Aporiaは、この新しいセルフサービス製品を使用することで、機械学習モデルを本番環境ですぐにモニタリングしたいデータサイエンスチームに最適な体験を提供することができます。ロータッチのアプローチで、データサイエンティストは簡単にサインアップし、すぐにプラットフォームに乗り込むことができます。サポートが必要な場合はチャットサポートが利用できますが、ユーザーが望まない場合は誰とも話す必要はありません。さらに、このプラットフォームを試すのに面倒なプロセスはありません。極めてシンプルでわかりやすく、透明性の高い体験ができるように設計されています。このプラットフォームは、プロダクションにおける100%の可視性を提供し、データサイエンティストは、コンセプトドリフト、データインテグリティ、モデルのプロダクションの問題を早期に検出するためのカスタムモニターを簡単に構築することができます。Aporiaのセルフサービス型プラットフォームは5分以内にシームレスにデプロイすることができ、チームは最高レベルのデータセキュリティを確保するために、クラウドまたはセルフホスト型のデプロイメントを選択することができます。」

 

Aporiaについて

Aporiaは機械学習のセルフサービス型モニタリングプラットフォームで、Fortune 500企業や世界中のデータサイエンスチームが日々の何十億もの予測を監視し、AIの責任と公平性を維持するために使用しています。2019年に設立されたAporiaは、TLV PartnersとVertex Venturesの支援を受けています。

Tags: AI | DeepTech | Israel

話をする

Aporia に興味がありますか?彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

関連ニュース